アルバイト一覧

定年後 アルバイトと個人事業主生活 3週間目

ようやくアルバイトにも慣れてきました。 家具や日用雑貨の販売なので、いままで業務とはほとんど接点がありません。 ただ、職場の雰囲気や顔見知りも増えてきた感じで、働いていても肩身が狭い感じは無くなってきました。 一方、個人事業主の方は、目立った実績は上がってきていませんが、今月の残り10日間で基礎固めして行く予定です。

定年退職後 僕は二刀流になった

起業する。 と言ったものの、働か見たらアルバイトをやっているだけと思われます。 でも一応、個人事業主として歩み始めて素手の10ヵ月目です。 しかし、実績は大したことありません。 だからアルバイトなのです。 売れない芸人と同じですね。

定年後 アルバイト 奮闘記 5日間勤務して

僕は、前の会社に在職中の6月中旬から8月からのアルバイト探しはじめました。 つまり退職の1ヵ月半前から探しはじめたわけです。 まずクラシック音楽の情報誌が、編集業務を随時募集していたので、そこに申し込みました。なんと言っても僕の趣味になっていたのと、報酬も20万円以上あるということで採用されればラッキーという感じでした。

定年退職後の生き方 わくわくどきどきする選択をしたい

安倍首相が音頭を取って、一億総活躍時代、70歳まで働ける社会への変革を掲げています。 それはいいのですが、国から働け、働け、と言われるのはいい気持ではありません。 当然、それの裏の部分を考えるからです。 誰でも60年も生きてくれば、表に出てくることに対して、裏があり、それをカバーするための表があるというとはわかっています。 それをわかってあえて僕はその生き方に乗ります。

定年後 アルバイトと自営のダブルワークへ

先週の火曜日にアルバイトの面接に行ってきました。 その1週間後に採用の連絡があり、昨日履歴書の原本を持って再度訪問しました。 面接から、採用の電話をもらうまでの1週間はとても長く感じました。 というのも面接官からは、採用の場合は1週間後に連絡します、それよりも早くすることもあります、と聞いたので、連絡ないというのはダメなのかとも思いました。

定年後 サラリーマン根性 自分の可能性にブレーキ

大きな水槽にカマスの群とカマスのエサになるイワシ群を入れて、お互いの群れを透明なガラスで仕切ります。 最初は、カマスはイワシを襲おうとイワシの群れを目掛けますが、当然透明なガラスにぶつかってしまいます。 そのうち、カマスはイワシを襲おうとしなくなります。 そしてガラスを取り去ってもカマスは、イワシを襲おうとしないそうです。

アルバイト 結果待ちにドキドキ

面接受けた会社は、直接店舗に電話が出来ない?いやHPでは公表されていないので、 採用窓口に電話しました。 伝えた内容は、 「あ、すいません。18日の火曜日に〇〇店に面接に行ったこめまるですが、 その時伝え忘れたことがあるのでお電話しました。」 「あの、日曜日は勤務できないとお伝えしたのですが、月に1回から2回は可能ですので、お店にお伝えください。」

定年後 アルバイト探し 履歴書提出と面接

アルバイトと言えば、大学生時代は、実家からの仕送りがないので、 常にアルバイトをして生活していました。 大学生時代は、アルバイトなんて簡単に見つかるし、すぐ決まったものでした。 ところが60歳も過ぎたら、なかなか大変というかやはり年齢が大きな壁となっているようです。 今日も面接に行ってきました。結果は1週間以内に電話でもらうことになっています。

定年後のアルバイト 追い詰められた状態でやるものではない!?

僕は、現在1年ごとに契約する、再雇用の契約社員です。この9月末で1年目の契約期限が切れます。今回2年目の更新でごたごたがありました。それは週4日勤務にしてほしいと申し出たのです。僕は、会社には65歳まで社員が希望すれば、雇う義務があるから、当然認められると思っていました。しかし、会社からの条件提示は、週4日勤務になったら、給料は、いまの約半分、業務内容も変わるかもしれない、というものでした。ちょっとここまで厳しい条件は予期していなかったので、1日考える時間が欲しいということで、一晩、悶々としながら悩みました。