こめまる

健康

定年後 健康は大事だけど

こんにちは、 こめまるです。 僕は、このブログ内でも、老後の三大不安である「お金」「健康」「孤独」で、頭文字を取って3Kと言われている中でも、「健康」の重要度が一番高いと思っている、という内容を書いています。 かと言って、何が...
年金

年金受給 開始されて思うこと

こんにちは、 こめまるです。 僕は1957年9月生まれなので、老齢厚生年金は、2022年10月から受給されます。 ただ年金は、後払いなので、実際に年金が振り込まれるのが12月からです。 ただ、僕の世代は、63歳から特別支給として...
定年

定年後 自分で決められない人

こんにちは、 こめまるです。 昨日、放送局は失念しましたが、テレビでチョコレートの高級ブランド「ゴディバ」の日本支社長の番組をやっていました。 日本支社長は、フランス人で日本人の奥さんと結婚して28年とういうことで、多分日本在...
シニアライフ

定年後 学ぶことが贅沢

こんにちは、 こめまるです。 もう前のことですがコメディアンの萩本欽一さんが、駒澤大学に入学して孫くらいの学生たちを学ぶ姿が話題になったことがあります。 僕は、学ぶことが定年後の贅沢だと思っています。 あえて高いお金を払...
シニアライフ

定年後 衰えを受け入れる

こんにちは、 こめまるです。 昨日、「定年後 僕の健康法」という記事をアップしました。 ここで追記ですが、僕は、60歳を過ぎての運動のための運動、健康のための運動、歯を食いしばってまでやるトレーニングには、批判的です。 60...
健康

定年後 僕の健康法

こんにちは、 こめまるです。 お陰様で、現在63歳ですが、日々健康に暮らしています。 もちろん、それなりの衰えはあります。また、健康診断では、多少の要経過観察というのもあります。 でも、特に日々の暮らしに不自由はありません。 ...
シニアライフ

定年後 生きることは食べること

こんにちは、 こめまるです。 生きることは食べること、とはよく言ったもので、生物として食べることしなくなるというのは、もう終わるということです。 我が家には、今年夏で22歳になる高齢猫がいますが、さすがに食べる量は減ったし、一...
終活

定年後 好きなことをすれば

こんにちは、 こめまるです。 サラリーマン時代も終わりの頃、お仕事で洋菓子研究家であり食卓芸術プロデューサーにして実業家の今田美奈子先生と一緒にお仕事する機会がありました。 今田先生は既に80歳を越えられていましたが、とてもそ...
シニアライフ

定年後 未来のために生きない

こんにちは、 こめまるです。 人生時計という考え方があります。 年齢を3で割ると人生の時間になるということです。 例えば、19歳で大学生になったら、19÷3で、6と1/3。 つまり6時20分。まさに人生の夜明けです。 そ...
シニアライフ

定年後 今を大切に生きる

こんにちは、 こめまるです。 ある法律事務所のラジオCMに「明日こそ明るい未来」的なものがあります。 インタビュー的に、 「明日こそ、美味しいものを食べたい」 「明日こそ孫の顔が見たい」 というコメントが流れます。 僕...
定年

定年後 生き残って思う

こんにちは、 こめまるです。 63年間生きてきて、何が嬉しいかと言うと、この年齢まで生き残ってこれたことです。 僕が、37年間勤めていた会社に入社したのが、1982年(昭和57年)のこと。 会社案内には、定年55歳と記されて...
生活

長生きしている人 そうでない人

こんにちは、 こめまるです。 さて、長生きを目標にするとつまらない、と書いたことがあります。 もちろんその考えは変わりません。 でも人生をもっと楽しむために元気に長生きしたいとは思っています。 そこで身近な人で長生きしてい...
生活

老後とはいつからか

こんにちは、 こめまるです。 老後とは、いつからのことをいうのでしょうか? 三省堂 新明解国語辞典 第八版で調べてみると 「年をとってからのち(のこと)。」となっています。 まさに字の如くです。 では、年をとった...
健康

血圧 正常値

こんにちは、 こめまるです。 今日は、血圧の正常値ってなに? ということを考えたいと思います。 このブログでも血圧をテーマにして記事をいくつか上げているのですが、2019年5月2日にこんな記事を上げています。>>> 定年後の...
日記

定年後 世のため 人のため 自分のため

こんにちは、 こめまるです。 今年もよろしくお願いします。 定年後は、世のため、人のためになることをしたいなと思っています。 大それたことだともう反面、例えば、こんなブログでも読んでも貰えれば、全く無駄なことではないと思って...
タイトルとURLをコピーしました