新型コロナウイルスと入学式と神頼みと

日記

こんにちは、
ともやんです。

本日午前中のTBSラジオが報じるところでは、明日4月7日にも政府は緊急事態宣言を出すようです。

それとは別に先ほど、アルバイトしているファミレスのマネージャーからグループLINEがきて、閉店が早くなったので、今週は休みにしてください、と連絡がありました。

今週は、火曜、木曜、金曜と入っていましたが、バイトはなくなりました。
多分来週からしばらくないでしょう。

スポンサーリンク

入学式を寂しく感じるのは子供ではない

僕の住む横浜市港北区は、朝から素晴らしい天気。

郊外ということもあり、人口密度は低く、朝、9時頃から30分ほど近所を散歩しました。
道をすれ違った人はおらず、せいぜい車道の反対側を女子中学生4人を見掛けたくらい。

あと小学校の入学式が行われるようで、数組の親子は見掛けました。

中学生たちは楽しそうに笑いながら話していたし、入学式に向かう新1年生は楽しそうにスキップするくらいに母親と手を繋いで歩いていました。

そんな姿を観るとおもわずこみ上げてくるものがあります。
親たちは、こんな環境下での入学式をネガティブに捉えているかもしれないけど、子供たちにとっては楽しいイベントなのです。元気をもらえます。

上記が正面の校門かなと思いましたが、逆の門には何組かの親子が集まっていました。

一方、入学式の看板と並んで記念撮影をしています。
また道を挟んで、入学式の写真を担当するカメラマンの姿も見られます。

スポンサーリンク

たまには神頼み

もともと神頼みはしないし、初詣くらいしかお参りにいかないのですが、今朝はなんとなく神社にお参りしたくなりました。

13世紀、つまり800年近く前にからある高田天満宮にお参りしました。

800年という期間は、当然平穏に過ぎたはずはなく、この神社は数々の悲惨な状況も見てきたと思います。

隣の桜の巨木は樹齢何年だろう。

いろんな歴史を見てきたんだろうな。

さて、お参りの仕方は、2礼、2拍手、そして手を合わせて祈りました。
神様は、お参りに来る人のことはわからないので、まず心の中で自己紹介。
住所氏名、それから家族の名前、猫3匹の名前も伝えて、この新型コロナウイルス禍が早く終息して、また平穏な世の中になることを伝えました。

スポンサーリンク

最後に

たまには、散歩もいいですね。

毎朝、30分ほどやってみよう。次いでと言っちゃなんですが、合わせて天満宮にお参りするのもいいかな。

自分は決して信心深い人間ではないけど、やはりこういう気持ちになるのは弱さなんでしょうか。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました