終わった人 映画上映も行く気がしなかった だってストーリーが。。。

内館牧子著「終わった人」を読んだのは、半年ほど前でしたでしょうか。 それなりに面白く読んだけど、 突っ込みどころ満載でしたね。 何と言っても舞台設定です。 主人公の田代壮介氏は、東大を出て、メガバンクのナンバー2まで登りつける。 しかし、出世争いに負け、子会社に出向、常務として63才で定年を迎える。 年収がなんと1,300万円。 一人娘は既に結婚して、妻は、美容院の仕事に充実している。 映画は期待してというよりも、どうせ、そんなもんだろうという 落胆を期待して観ようと思っていましたが、 なかなか時間がなくて観に行けなかったし、 意外と早く上映も終わったように思います。

新人の退職に思う 能力のある人は下積みを嫌うのか?

僕は会社にこの4月に10数名の新人が入社しました。 そして、僕のいる部署にもOJTで何人か回ってきました。 その中の一人に非常に優秀な女性がいました。 そして、6月になり仮配属になり、 彼女は、ある販売部に行きました。 ところが、今日、そこのリーダーが、 僕の部署に所用でやってきたので、彼女の様子を 聴いたら、どうも辞めるらしいことを言っていました。 僕は、残念な気がしました。 一方、彼女は早々に辞めるかもしれない、とも思っていました。 理由は、優秀ゆえに、下積み的な仕事はしないのではないか? と感じたからです。

定年後 退職しないで再雇用契約をして後悔していること

60歳の人が10人集まれば、ほぼみんな自分の健康について 多少、不安に思っているのではないでしょうか? よく、定年後(60才以上と置き換えてもいいと思うが)の不安というと、 健康、お金、そして生きがい。 生きがいを孤独に置き換える人もいるけど、 僕は、孤独は不安でないので、 お金と健康があれば孤独になって大丈夫かな、と思います。 お金も健康なら、働くことが出来るので、 使える範囲での生活をすれば最低限生きていけると思います。 そんなことを考えると、 僕にとっては、現在、健康であることが一番大切なことなんですね。 今日は、定年後の健康と年を取って行くことの 追っかけっこについて考えたいと思います。

定年後 同じ仕事をしても疲れることがわかった 奴隷からの脱出

今世の中は、働き方改革が叫ばれていますが、 内容は、いろいろ問題はあります。 また基本的に考えて、誰のための改革かとも思います。 さて、僕の若いころは、 残業、休日出勤が当たり前で、 上司から飲み会を誘われたら着いていくのが当たり前でした。 自分の時間なんてなかったですね。 そんなことが、50代半ば、つまり5~6年前まで続いたのですから、 良く死なずに生きてこれたと思います。 ところが、特に定年後、残業も休日出勤もしなくなってみると、 いままで仕事というなの奴隷のような世界から抜け出たことを実感します。

定年後 休みの日に会社携帯に出るべきか?やり過ごすか?

僕は、大学を出て、就職した会社に定年までいて、 一旦、定年退職してから、再雇用制度を利用して 現在も働いています。 そこではたから見ている分には大したことないのですが、 僕の中では、多少の葛藤があります。 それは、休みの日の会社携帯に掛かってくる電話に出る、出ない。 出るけど対応する?しない? ということです。 定年再雇用で働きだして約10ヵ月。 いまだに自分のなかで明確に決められないでいます。 それについて考えてみたいと思います。

債務整理 借金生活脱出法はまずは法律相談

債務整理とは、弁護士などの力を借りて、 借金の整理をすることです。 取り立てを止め、借金の金額を小さくしたり、なくしたり、 場合によっては金融業者からお金を取り返したりします。 それでも残った金額を、分割払いにしてもらったり、 法的に支払いから免れるようにしてもらい、 経済的に立ち直るようにすることです。

定年後 健康という病、ケガをして通院して思ったこと

定年後の心配事としては、 まずお金、そして健康、最後に生きがいかな、 と思います。 僕の場合は、なんと言ってもお金で、 現段階では、健康も何とか、 生きがいに関しては、やりたいことがありすぎて それをどう処理するかで大変なくらいなので、 つまるところお金が解決してくれることかな、 と思っています。 私のことはさておき、 いや、やっぱり健康が一番だよ、 という人もいるでしょう。 私もあるケガを通して 今日は、健康について考えてみたいと思います。

サッカー・ワールドカップ 日本代表の健闘を讃える!

おはようございます。 今朝は、午前3時に起きて、 日本対ベルギーの試合を観て、 応援していました。 日本代表チーム、西野監督と全員の選手に敬意を表します。 一時は、夢を見させてもらいました。 前半は、0対0。 後半は、早々に点数を入れて 2対0。 これは行けるんではないか! と思いきや、 本気になったベルギーに最後のロスタイムに追加点を 入れられて、2対3で 敗れました。 しかし、よくあそこまでFIFAランキング3位、しかも優勝候補の ベルギーを追い詰めたものだと思います。 選手たちの健闘を讃えます。

ワールドカップ決勝トーナメント 日本対ベルギー どうやってみる?

現在、ワールドカップ・ロシア大会、開催中です。 日本は、グループリーグを2位で通過して、 決勝トーナメントに進みました。 その進むことが決まった試合、 先週木曜日夜のポーランド戦の戦い方で いろいろ言われていますが、 勝負の世界は、きれいごとはいかないこともあるので、 まずは、シンプルに日本を応援しよう。