定年後 繰り下げ受給とは?お得な受給方法とはどんなものか?

繰り下げ受給とは、65歳からの年金受給は、開始を遅らせること(繰り下げる)で、 1年当たり約8%も年金額を増やせる仕組みです。上限の70歳まで繰り下げれば最大42%も年間受給額を増やすことが出来ます。だから、体力があり、病気もなく、70歳までの収入の見込みがあれば、これをしない手はないと言われています。単純計算なら、年金額が、年間150万円なら213万円と年間63万円もアップ、つまり一ヵ月当たり5万円もアップするなんて魅力的ですよね。しかし、この仕組みそんな簡単なものではないのです。突っ込みどころがたくさんあるのです。

定年後の年金受給 いくらもらえる?50歳未満でも分かる計算方式

定年後、現時点では65歳からもらえるだろう年金に関して、 50歳未満の方は、毎年、誕生月に届く「ねんきん定期便」では、 わかりません。 だから、いったい自分はいくらもらえるのか知りたい! というのは、切実な問題だろうと思います。 50歳未満の方に届く「ねんきん定期便」に記載されているのが、 「これまでの加入金額に応じた年金額(今まで払った保険料の実績のみを反映した見込額)。

定年後の年金について 年下の奥さんを持っていると得なことがあった

先日、定年を迎えた友人二人と渋谷で飲む機会がありました。 話は、当然の如く現状と今後、特に再雇用契約が終わる65歳以降の話になりました。 そうしたら友人の一人が、65歳以降も働くなんて損だよ、と言うのです。 理由は、「在職老齢年金」制度があるから働いて給料を得ると年金がカットされるから損だというのです。もう一人の友人は、へえ、そうなの?なんて感心していましたが、日頃から週刊東洋経済を読んでいる僕は、すぐその間違いを正しました。それが、65歳以降で、在職老齢年金が適用されるのは、厚生年金と給与を合わせて46万円超えの高収入のひとだけで、普通の再雇用契約の収入なら、大幅減額はないよ、と言ったら、本当か!?とすぐには信用してもらえませんでした。

定年後 誤解だらけの老後のお金の話 何は嘘で、何が本当?

定年後の不安というと、まず次の3つです。ほぼ多くの定年後をテーマにした本でもそう伝えていますし、実際、昨年定年になった僕もそう思うからです。・健康・お金・孤独よく頭文字をとって3Kなんて表記している雑誌などもあります。この3つよく考えると、定年後ではなくて、年齢に関係なく、不安と言えば不安です。でも、学校、職場にいるときは、それほど感じなくても定年というのは、集合体、つまり群れから離れていくことなので、よりこの3つが顕著になるし、なんといっても年を取ることで、精神的にも体力的に弱くなるので、余計、心配になるのでしょう。

定年後 稼ぎ方はひとそれぞれ 自分の道を行くのが良いと思います

定年後も働こうとする男性の選択肢としては、 大きく4つあります。 1、定年再雇用 2、転籍・出向 3、転職 4、起業 一般的には、順番にハードルが高いと思われがちです。僕は、実際にそうだと思います。実際、僕は1年契約の定年再雇用で、今後2年目も契約予定です。 ところが、最近の定年後を扱った本や雑誌には、実は定年再雇用が一番リスクが高く、一番大変だと思われる定年起業が、一番リスクが少ない、と主張、発信しているものが多いです。 今日は、定年再雇用と定年起業について考えたいと思います。

定年後 貯金ゼロからサバイバル術 働き続ける理由はそこにあった!

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」(2人以上世帯)(2017年)の資料に50歳代世帯の金融資産保有額を見ますと、無貯金の世帯が3割以上あることがわかります。個人的には、なんかほっとするのですが、かと言って、安心なわけではありません。これを見ると、700万円未満は半分以上を占めています。よく、わけしり顔の評論家が、定年まで3000万円だ、3500万円だと言いますが、現実をよく見ろ!といいたいですね。

定年後 自分の居場所はありますか? 1年前の日記から考える

渡辺淳一の「老いかたレッスン」も10年近く前のエッセイです。正直って、10年前と現在では、大分変わってきたと思います。世田谷区の調査は、何年前のデータでしょうか?多分、エッセイの出る数年前ということを考えると、現在、80歳以上の方でしょうか?つまり僕と約20歳以上、違う世代ですね。つまり、重松清作の「定年ゴジラ」の世代、つまり、定年後、やることがなくて悶々としていた世代です。

ボブ・ディランとB・フランクリンが時間の大切さを教えてくれた

子供の頃、TV人形劇「サンダーバード」が好きでした。救助を要請されたサンダーバード2号は、現地の到着時刻を伝えます。ところが、救助を要請した方は、少しでも早く来てほしいので、指定時刻前から、まだかまだかと焦るわけです。でも、同様に待っている人は、必ず時間通りに来ます、と落ち着いています。そしてサンダバード2号は、時間通り、ぴったりに現地に着いたのです。

シニア起業 人生100年時代にはトリプル・キャリアという考え方

僕は、定年を迎える1年ほど前から、ブログを書き始めましたが、最初の頃がまるで日記で、アクセスも集まらず、僕自身も真剣みがあまりなかったように感じます。でも、懲りずに毎日書いて、今では600記事になりましたが、まだまだめざすアクセス数には足りず、指示されていないなぁ、と感じています。それは発信内容が充実していないわけで、ネットでブログを読むなんて、なにか悩みを抱えている人しか読まないわけで、現時点では、僕のブログはそれほど役に立っていないということになります。

定年起業 人生100年時代にもっともリスクの少ない働き方かも

学校を出て新卒で入社し、30数年から40年、企業で雇われる側として働いてきた方にとっては、起業と聞いただけで、いやいや、私には無理です、という方が多いでしょう。 僕も起業というと、開業資金を用意して、安定した売り上げを続けるための顧客開拓ということを考えると、ハードルが高すぎて、とても無理だと思ってしまっていました。 しかし、最近言われる人生100年時代を考えた場合、定年起業が一番リスクが低く、現在一番選択の多い定年再雇用が、実は一番リスクが高いことがわかると思います。