定年後 起業 始められない人の理由

起業というと、なんか大げさに思う人が多いようです。 店舗や事務所を抱えたり、それに大金が必要だったり、登記が面倒だったり、金融機関との信用問題とか、大げさに考えている人は多いと思います。 それにもまして失敗したらどうしようとか、考えすぎる人は多いように思います。 起業とは、新しくビジネスを始めることで、別に月1万円でも売り上げが上がればビジネスです。

怪談 退職後 前の会社の幻影に怯える日々

会社支給の携帯電話を持つようになって20年ほど経つでしょうか?最初は便利と思っていましたが、常に見えない会社からの紐が繋がっているように感じます。投書は、他の部署などと情報の共有化が出来ると喜んでいましたが、これは完全に繋がれた犬状態です。土日祝日だろうが、自分の休みの日だろうがおかまいなく、会社からのメールが届きます。

定年退職後 僕は二刀流になった

起業する。 と言ったものの、働か見たらアルバイトをやっているだけと思われます。 でも一応、個人事業主として歩み始めて素手の10ヵ月目です。 しかし、実績は大したことありません。 だからアルバイトなのです。 売れない芸人と同じですね。

加齢性難聴 誰にでも起こる症状 治療方法

耳の奥には、毛の構造を持った「有毛細胞」があり、鼓膜から伝わってきた音の振動を周波数別に受け取り、脳へ伝達する役割をしています。 この有毛細胞が加齢によってダメージを受け、その数が減少することで、音の情報をうまく脳に送ることができなくなります

定年後 アルバイト 奮闘記 5日間勤務して

僕は、前の会社に在職中の6月中旬から8月からのアルバイト探しはじめました。 つまり退職の1ヵ月半前から探しはじめたわけです。 まずクラシック音楽の情報誌が、編集業務を随時募集していたので、そこに申し込みました。なんと言っても僕の趣味になっていたのと、報酬も20万円以上あるということで採用されればラッキーという感じでした。

不眠症 60代の男性は朝方に 一日8時間寝る必要はない

不眠症とは、夜眠ろうとしても寝付きが悪い、夜中に目が覚める、よく眠れないといったことが原因で日中の生活に不調が現れるものです。 高齢になると増加します。 僕は、毎晩5時間ほどしか寝ていませんが、寝付きは良いので、自分が不眠症だとは思いません。

高齢者におすすめ 昼食後すぐの休み方

食後は、内蔵の活動が活発になるので、消化吸収を助けることが、胃腸などへの血流を増やしてあげることが大切です。 食べたものは食道から胃に移動します。 約2時間から3時間くらい胃のなかにたまっています。