年金一覧

定年後 老齢年金の申請方法 自動的に振り込まれるのではない!

金は手続きをしないともらえません。もしかして、老齢年金は、65歳になったら自動的に口座に振り込まれると思っている人はいないでしょうか?まず、サラリーマンで定年退職した人には、そんな方はいないでしょうが、 自営で国民年金の方には、もしかして?と思いますので、念のため、老齢年金の申請方法をおさらいしておきましょう。

定年後 繰り下げ受給とは?お得な受給方法とはどんなものか?

繰り下げ受給とは、65歳からの年金受給は、開始を遅らせること(繰り下げる)で、 1年当たり約8%も年金額を増やせる仕組みです。上限の70歳まで繰り下げれば最大42%も年間受給額を増やすことが出来ます。だから、体力があり、病気もなく、70歳までの収入の見込みがあれば、これをしない手はないと言われています。単純計算なら、年金額が、年間150万円なら213万円と年間63万円もアップ、つまり一ヵ月当たり5万円もアップするなんて魅力的ですよね。しかし、この仕組みそんな簡単なものではないのです。突っ込みどころがたくさんあるのです。

定年後の年金受給 いくらもらえる?50歳未満でも分かる計算方式

定年後、現時点では65歳からもらえるだろう年金に関して、 50歳未満の方は、毎年、誕生月に届く「ねんきん定期便」では、 わかりません。 だから、いったい自分はいくらもらえるのか知りたい! というのは、切実な問題だろうと思います。 50歳未満の方に届く「ねんきん定期便」に記載されているのが、 「これまでの加入金額に応じた年金額(今まで払った保険料の実績のみを反映した見込額)。

定年後の年金について 年下の奥さんを持っていると得なことがあった

先日、定年を迎えた友人二人と渋谷で飲む機会がありました。 話は、当然の如く現状と今後、特に再雇用契約が終わる65歳以降の話になりました。 そうしたら友人の一人が、65歳以降も働くなんて損だよ、と言うのです。 理由は、「在職老齢年金」制度があるから働いて給料を得ると年金がカットされるから損だというのです。もう一人の友人は、へえ、そうなの?なんて感心していましたが、日頃から週刊東洋経済を読んでいる僕は、すぐその間違いを正しました。それが、65歳以降で、在職老齢年金が適用されるのは、厚生年金と給与を合わせて46万円超えの高収入のひとだけで、普通の再雇用契約の収入なら、大幅減額はないよ、と言ったら、本当か!?とすぐには信用してもらえませんでした。

定年後 誤解だらけの老後のお金の話 何は嘘で、何が本当?

定年後の不安というと、まず次の3つです。ほぼ多くの定年後をテーマにした本でもそう伝えていますし、実際、昨年定年になった僕もそう思うからです。・健康・お金・孤独よく頭文字をとって3Kなんて表記している雑誌などもあります。この3つよく考えると、定年後ではなくて、年齢に関係なく、不安と言えば不安です。でも、学校、職場にいるときは、それほど感じなくても定年というのは、集合体、つまり群れから離れていくことなので、よりこの3つが顕著になるし、なんといっても年を取ることで、精神的にも体力的に弱くなるので、余計、心配になるのでしょう。

定年後 年金の見込み額を知るには?いくらもらえるか正確に知る方法

年金制度は、支給額が少なくなる、支給年齢が後送りになるという傾向ですが、その制度自体がなくなることはまずないと言われています。もし、日本から年金制度がなくなるときは、考えるだけでも怖いですが、日本自体がどうにかなっているときでしょう。 さて、60歳まで社会のため、家族のために身を粉にして働いてきたビジネスマンは、 もらえるものはもらっておきましょう。

定年後 熟年離婚は得か?妻が離婚後受け取れる額は少ない!?

いざ別れるとなると、愛情はないのだから、お互いもっとも関心があるのはお金でしょう。原則として、結婚してから築いた財産は、二人で半分ずつ分けます。これを財産分与といいます。ここでいう財産とは、預貯金はもちろん、結婚後に購入した住宅などの不動産、有価証券、保険、自動車も含まれます。しかも数年以内に定年退職が見込まれる場合は、退職金も含まれるといいますから怖いですね。不動産や自動車などの共有財産は、売却するか所有するか決めます。売却の場合は、その売却額からローンの残債を差し引いた金額を、二人で分けます。しかし、注意が必要なのは、ローンの残高が売却額を上回った場合は、そのローンを二人で払い続けるというちょっと間抜けな感じになります。

終わった人の映画がやってくる 定年を迎えた男の奮闘記

この小説の主人公、田代壮介は63才、東京大学を出て、大手銀行に就職。 銀行の出世争いに敗れ、関連会社に出向。 出向先では専務で年収1300万円。 そして65才まで会社に残れるが、63才で定年の道を選びました。 そして「毎日やることがない!」と途方に暮れる。 まあ、なんと贅沢な身分でしょう。 内館氏は、なんでこんなエリートを主人公に持ってきたのだろうか? それとも圧倒的に多い、中小企業サラリーマンの反感を買って、 逆に評判になるような演出を考えたのだろうか? それとも内館氏の周りにはこんな人しかいなのだろうか?