定年

シニアライフ

60歳 残り8万時間への挑戦

60歳の誕生月の月末で37年間真面目に働いてきた会社で定年を迎えました。その後、いろいろ考えて1年10ヵ月間、再雇用契約の下で働きました。再雇用について、一番すっきりしないのは、職務に対する権限と責任の問題です。立場的には、役職も無くなり、なんといっても一回退職してからの再雇用ですから、権限も責任もないはずなのに
シニアライフ

60代 生き方 やりたいこと できること

こんにちは。 こめまるです。 先日、妻とむかしの写真を見ていました。 次女が小学校入学の写真を見ていて、妻が、 「あなた、なんで嬉しそうな顔してないの?」 というので見てみると、なんか険しい顔していました。 次女...
シニアライフ

シニアとは

こんにちは。 こめまるです。 シニアという言葉を良く聴くようにありました。 僕は50才を過ぎるころから耳にするようになりました。 それは自分がシニアになったからです。 ただシニアの定義はあいまいで、明確な決まりがある訳...
シニアライフ

熟年離婚 その末路を考えると、経済的にはしない方がお得!?

熟年離婚。 今から10数年前によく出てきた言葉ですね。ネット検索の件数を見ると2005年から7年がピークのようです。 でも今でもコンスタントに検索されるようで、しっかり定着した言葉ですね。 さて、熟年離婚と言うと定年後の何...
シニアライフ

定年後 稼ぐ力がモノを言う

先日、たまたまテレビを観ていたら、高学歴ニートをテーマにしていました。 高学歴ニートとは、大学を出ているのに働いていない人たちです。 中には、大学院を出た人もいて、根は深いですね。 そのニートたちの親までは出てきていませんでし...
シニアライフ

人生100年時代 働けるだけ働いてやれ

生まれた時代、 生きてきた時代は変えられませんね。 そしてその人の人生観、 生き方は、その人が生まれ、育った時代から かなりに影響をうけていると思います。 僕は、東京オリンピックを 2度体験できるもっとも...
仕事

サラリーマン 会社を辞めるか、残るか迷った時に考えるポイント

大学を卒業して、入社し、そのまま働き続けて定年まで頑張って約36~7年。 ずっと同じ気持ちで働き続ける人はまずいないでしょう。 また、体力も20代の若者から、60歳の初老まで一定ということはあり得ない。 多くの人は、20代...
終活

終活について 定年後の今だから真剣に考えてみたいこれからの人生

おはようございます。ともやんです。 今日は土曜日でお休み。 ただ、明日は仕事なんですね。 定年になって契約社員ですので、代休はちゃんと取ります。 定年後の10月1日から所定休日はちゃんと消化して有休も2日間取...
定年

9月、セプテンバーはさよならの月でスタートの月

おはようございます、ともやんです。 還暦まで3日、定年まで30日。 僕は、9月4日生まれなので子供の頃から、8月で1年が終わって、9月から新しいスタートという気持ちを持っていました。 セプテンバーそして九月は セ...
定年

終わりよければ、、、

終わりよければ、それでいいよ。 ともやんです、おはようございます。 今日も暑くなりそうですね。昨日までV16! つまり7月5日より16日連続真夏日が続いています。 これ何日続くでんすかね。 ...
日記

企業戦士の死

おはようございます、 ともやんです。 還暦まで104日。 35年も会社員をやっていますと、途中で取引先や社員で亡くなった方が何人かいらっしゃいます。 亡くなった方の年齢は30代から上の人でも50代と働き盛りの...
日記

人間関係における自由と孤独

おはようございます、 ともやんです。 還暦まで135日。 学生の頃、虎ノ門の喫茶店でアルバイトをしていましたが、 そこの店長に、社会では結局、人間関係が大事と言われました。 才能も特にない平凡な人間にとって...
定年

仕事を続ける

こんばんは、 ともやんです。 仕事を続けることにしました。 定年で辞めるつもりでしたが、 経済的な面と一緒に働くメンバーが好きなので、 とりあえずもう一年続けることにしました。 忘れないようにここに記録しておきます。 ...
生活

自分の棚卸

おはようございます、 ともやんです。 本日11月13日(日)の横浜は、気温20℃と温暖な天候です。 明日からまた闘いの日々なので、今日はゆっくり休もうと思います。 さて、60年近く生きてきて、自分を見つめ...
音楽

60歳まであと1年 竹内まりやのセプテンバーに乗って

おはようございます。 こめまるです。 すでに今日は、10月11日ですが、少し9月まで時計を戻してみます。 僕は9月生まれなので9月が好きです。 暑い夏が終わり、空気感にも秋の気配が出てきます。 蝉の鳴き声は...
タイトルとURLをコピーしました