シニアライフ

シニアライフ

定年後 バレンタインデーの終焉

こんにちは、 こめまるです。 定年後、いや正確に言うならサラリーマン退職後、失うものがいくつかあります。 一番大きいのは職場の仲間とのつきあいです。 いまは新型コロナ禍で難しいですが、歓送迎会、忘年会、新年会、それでに普段の...
シニアライフ

定年後 憎まれっ子になりたくない

こんにちは、 こめまるです。 善き人は早く逝くと言われます。瀬戸内寂聴さんも2015年の週刊現代のインタビューに対して、「長生きすると分かる、いい人から先に逝くのは本当だって」とおっしゃっています。 また、現在88歳の作家五木寛之...
シニアライフ

定年退職はフェードアウト

こんにちは、 こめまるです。 新型コロナの感染拡大に付き、2月7日までの予定で緊急事態宣言が発令されています。現状を見ているとあと1週間ほどで下火になるとは思えないですが、政府はどう判断するのでしょうか? さて、新型コロナ禍に...
シニアライフ

定年後 学ぶことが贅沢

こんにちは、 こめまるです。 もう前のことですがコメディアンの萩本欽一さんが、駒澤大学に入学して孫くらいの学生たちを学ぶ姿が話題になったことがあります。 僕は、学ぶことが定年後の贅沢だと思っています。 あえて高いお金を払...
シニアライフ

定年後 衰えを受け入れる

こんにちは、 こめまるです。 昨日、「定年後 僕の健康法」という記事をアップしました。 ここで追記ですが、僕は、60歳を過ぎての運動のための運動、健康のための運動、歯を食いしばってまでやるトレーニングには、批判的です。 60...
シニアライフ

定年後 生きることは食べること

こんにちは、 こめまるです。 生きることは食べること、とはよく言ったもので、生物として食べることしなくなるというのは、もう終わるということです。 我が家には、今年夏で22歳になる高齢猫がいますが、さすがに食べる量は減ったし、一...
シニアライフ

定年後 未来のために生きない

こんにちは、 こめまるです。 人生時計という考え方があります。 年齢を3で割ると人生の時間になるということです。 例えば、19歳で大学生になったら、19÷3で、6と1/3。 つまり6時20分。まさに人生の夜明けです。 そ...
シニアライフ

定年後 今を大切に生きる

こんにちは、 こめまるです。 ある法律事務所のラジオCMに「明日こそ明るい未来」的なものがあります。 インタビュー的に、 「明日こそ、美味しいものを食べたい」 「明日こそ孫の顔が見たい」 というコメントが流れます。 僕...
シニアライフ

定年後 3年間生きて

考えてみれば、老いるのも死ぬのも一回限りだし、当然初めての経験になります。 まあ、人生自体が、一回限りだから仕方ないですが。 さて、定年後3年間生きてきて、僕の出した結論とは。。。。。
シニアライフ

喪中はがきと義父

今年7月に妻の父親が83歳で亡くなりました。ずっと介護が必要な状態で、最後は病院でしたが、施設に移ろうという矢先でした。恰幅のいい義父でしたが、すっかり細くなっていました。ただ、妻とも話しますが、何か致命的な病気があったわけではありません。つまり定年後の生活が、元気だった義父の寿命を縮めたと思います。
シニアライフ

空想 老後の楽しみ

僕は、37年間のサラリーマン生活の内、約3年半ほど単身赴任の経験があります。その単身赴任して時代に過ごしたこと日々から、当時はなんとも感じなかったことが、60歳を過ぎた今だからわかったことを振り返ってみたいと思います。つまり老後の楽しみは、空想になるんではないかと思うようになったのです。
シニアライフ

更年期障害 男性

更年期障害とは、女性特有のものかと思っていました。しかし、ある時五木寛之さんのエッセイを読んでいて、男性も更年期障害と呼べる時期があると思うようになりました。更年期とは、女性の閉経前後の45歳から55歳の時期をいうようで、そこから女性特有の者かと思っていたのです。
シニアライフ

親の最後の仕事 死に方を教える

先日、ジェーン・スーさんのラジオ番組を聴いていたら、親の最後の仕事は死に方を教えることという言葉が飛び込んできました。つまり子供に残すこととは、その最期を見せることだということです。死に方と言うとちょっと深刻なようですが、つまり親として最期までどう生きるかということです。
シニアライフ

頑張らない勇気

3年前に他界した母が、最後の数年間は介護施設に入っていました。その介護施設の廊下に、前後の文章を忘れましたが、「頑張らないでください」と書いてあったのです。その文章を読んでから、僕はなんかフウッと肩の力が抜けていくように感じました。
シニアライフ

定年後の人生は逝った人が教えてくれる

先日、妻の父が亡くなりました。84歳でした。僕は、3年前に実母を失くし、一昨年は、子供の頃可愛がってくれた叔母、昨年は同じく叔父を失くしました。そして今年は義父と毎年のように近親者を失くしています。
タイトルとURLをコピーしました