定年後 再雇用で働く元部長 キレる理由

定年

こんにちは。

こめまるです。

yahoo!知恵袋に30歳の会社員より、定年退職して再雇用で働く元部長が、ときどきキレて困るという相談が寄せられていました。

その元部長は、普段は、大人しく働いているが、どこのでスイッチが入るかわからないが、私(相談者)の仕事のやり方に対して、いきなり怒鳴ったりするので、困ってしまう。
しかも、怒鳴られた私の態度が気に食わないようで、現部長に報告して、注意してもらう、と息巻いて、本当に部長に報告したらしい。
ただ、部長からは私にはなんのお咎めもない。
この元部長とどのようにして付き合ったらいいのでしょうか?

大体、以上のような相談でした。

困った元部長ですね。

僕も再雇用を経験したのでこの元部長について考えたいと思います。

スポンサーリンク

定年後の再雇用 キレる元部長の本心

投稿だけは、どの程度の会社規模はわかりませんが、推測するに現役時代が、元部長は、現部長の上司だったと思われます。だから相談者は、その元部長が現役時代は、若手の社員だったと思われます。

多分、部長と若手社員ということで、直接、仕事を教えた、教えられたという関係ではなかった可能性が高いです。

もしかして、相談者は、現部長に仕事を教わったのかもしれません。

それを考えると元部長のキレる本心は、本当は現部長に文句を言いたいのだが、立場的に言えないので、平社員の相談者に当たったのだと思います。

だから、現部長は、元部長から、相談者さんのことで文句を言われても、現部長は相談者さんが普通に業務をこなしていれば、なにもいう必要はないのです。

定年後の再雇用 キレる元部長の心理

再雇用は、雇う側の企業から見れば、義務だから仕方なくという部分が多かれ少なかれあります。しかも既に1回定年で退職した社員です。

だから、告げ口された現部長が一番困っているかもしせん。

スポンサーリンク

自分が部長なのだから、自分のやり方でやりたいのに、やり辛いと思っているはずです。
最悪、人事部に相談して、元部長を別の部署の移すことも可能でしょう。

問題の元部長は、普段の仕事はそれなりにこなしているようなで、本人も再雇用という立場を受け入れようとしているようです。

しかし、どこかでこんな作業的な業務は俺がやる仕事ではない、というプライドも捨てきれていません。

実を言うと、僕も再雇用になってからオフィスのゴミ捨てもやるようになりましたが、ふとその業務に寂しくな瞬間があったことは確かです。

定年後の再雇用 キレる元部長の対処法

もしかして、相談者のやり方に相当な違和感を感じて、つい部長時代のスイッチが入ったのかもしません。

もし元部長から叱責が今後もある様なら、現部長に相談して、元部長に仕事のやり方が変わったことをしっかり説明してもらうこと頼めばよいと思います。

それで改善されないようなら、他の部署に行っていただくしかないですね。
むしろ元部長にとってもその方がいいかもしれません。

最後に

キレ元部長の迷いが強く感じます。

再雇用は、現役時代の役職はもちろん、責任も権限も全くリセットされてゼロになります。

普通契約社員になるわけですから、契約書に沿って働きます。

しかし、頭では分かっていてもプライドが許さないのでしょうか、給料は半分近くになり、与えられる仕事も軽作業中心。

それが嫌なら転職するか、起業するかですね。

再雇用は、同じ会社にいるわけですから、多少の甘えもあるでしょう。
元部長が僕の友人なら、「辞めたら?」と言うでしょうね。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました