定年後 仕事人生のゴールには、延長戦があったなんて早く言ってよ!

年功序列、終身雇用、なんて言葉が、

その昔確かにありました。

少なくとも僕が就職した時代から

しばらくは意味があったように思います。

実際、僕が就職活動をしていた1980年、81年の会社要項には、

どこの会社にも年齢や在籍年齢とともに給料があがる、

グラフが表示されていました。

だから新人はもちろん入社数年の社員は、

いずれは給料上がるんだからとそれを励みに頑張っていました。

僕もそうでした。

当時、40代半ばの常務は、

年収1000万円を超えていると

噂されていて、ご本人も否定しなかったので、

多分そうだったのでしょう。

30年以上前の1000万円ですから今より重みがあります。

ところが、90年代に入って、成果主義という考え方は入ってきて、

それまでの年功序列という考え方は消えていきました。

当時30代半ばで結婚したばかりの僕は、

ひそかに転職などの可能性も考えたりしました。

それから20余年、僕は転職もすることなく同じ会社に勤め、

めでたく定年。現在は、再雇用制度を利用して

そのまま働いています。




定年後 実は延長戦があったんだね

サッカーのワールドカップもあっと決勝戦1ゲームを残すのみとなりました。

決勝トーナメント1回戦で日本を2-3で破ったベルギーが、

3位決定戦でイングランドを破り、過去最高位の3位になりました。

おめでとうございます。

相対的に日本の評価も上がったようでひそかに喜んでいます。

さて、初めて決勝戦にコマを進めたクロアチアは、

決勝トーナメント全てを延長戦まで戦っています。

選手たちに聴いてみないと本音はわかりませんが、

戦う前は、90分で決めてやろう、と延長戦のことまでは考えていないでしょう。

つまり延長戦になるのは、成り行きなんですね。

そうなんですよ、僕にとっては、60歳の定年で終わって、

あとは好きなことして余生を過ごそうとなんて思っていた30代の頃とは、

考え方は大きく変わりました。



定年後 延長戦の戦いがあるの知った50代

はっきり覚えていないのですが、

僕は48歳から52歳に掛けて、大阪に単身赴任していました。

そして、単身赴任から戻ったのがいまから9年前の2009年。

当時は、新しい部署に自信がなく、転職や独立など考えたこともあります。

そして、その3年後には、

このまま会社の定年までいてもその先がないと感じました。

当時はまだ厚生労働省から、

定年に関する指導がまだなかったと思います。

その頃、僕は、生涯現役を考えて副業なども探すようになりました。

そのうち、厚生労働省の指導で、

希望すれば65歳まで働けることになり現在に至っています。

つまりサッカーでいうと90分間戦ったけど決着が着かず、

延長戦に突入したようなものです。

3人の子供を全員私立大学に行かせたこともあり、

貯金はなく、かろうじて退職金の一部が多少残っているので、

これを減らさないためにも働き続けることをいまは考えています。



定年後 延長戦はいつまで続きますか?続けますか?

僕は、周囲の人からいつまで働くんですか?

と質問されたら死ぬまでと答えます。

だって、寿命なんて自分で決められないし、

死ぬまでと答えるのが一番確かなものだと思うからです。

そして「死ぬまで働く」と答えると、

大抵の人は

「ゆっくりしたくないのですか?」

なんて返してきます。

つまり、質問者の固定観念の中には、

働く=苦役と刷り込まれているんですね。

もちろん、昭和32年生まれの僕にも、

働くとは苦しいことという意識は強いです。

でもそれは考え方次第です。

仕事は楽しい、と意識を変えれば、

逆に仕事を辞めること自体が、辛いことになります。

僕が、一番恐れているのは、身体的な理由で、

仕事が出来なくなることです。

僕の心にはいつも、海援隊の武田鉄矢が歌う「母に捧げるバラード」の

セリフがこだましています。

人間働いて、働いて、働き抜いて、

もう遊びたいとか、休みたいとか思うたら、

一度でも思うたら、はよ死ね。

つまり働くことが好きな人が楽をしようとしたら辛いんですよ。

まとめ

働くことが嫌いな人はいるでしょう。

しかも定年まで(これからは65歳定年?)

40年近く働いて、もっと働け!と言われたら嫌ですよね。

働くのが好きな僕だって嫌です。

でも何もしないというのはもっと辛いです。

まあ、生物的に何もしない人はいないでしょうけどね。

だってご飯食べて、トイレ行って、散歩言って、テレビ見て、

本読んで、僕は仕事を持たない人に対して

何もしないというレッテルを貼るのは好きではないです。

経済的に余裕があれば、好きにすればいいのです。

僕は、経済的な余裕がないので収入を得るために働くのです。

経済的な余裕があれば、別の活動をします。

延長戦の戦い方をよく考えて行きたいと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。