新人の退職に思う 能力のある人は下積みを嫌うのか?

こんばんは。

僕は会社にこの4月に10数名の新人が入社しました。

そして、僕のいる部署にもOJTで何人か回ってきました。

その中の一人に非常に優秀な女性がいました。

そして、6月になり仮配属になり、
彼女は、ある販売部に行きました。

ところが、今日、そこのリーダーが、
僕の部署に所用でやってきたので、彼女の様子を
聴いたら、どうも辞めるらしいことを言っていました。

僕は、残念な気がしました。
一方、彼女は早々に辞めるかもしれない、とも思っていました。

理由は、優秀ゆえに、下積み的な仕事はしないのではないか?
と感じたからです。




ネット時代にみる、すぐやりたいことが出来る時代

僕は、ネット時代になって一番うれしかったことは、

ブログで自分の主張なりが発信できることです。

僕は、中学生のころ、クラシック音楽の評論家になりたかったのです。

音楽評論家になるためには、どんな経緯をたどらなければならないか
わかりませんが、ある程度、音楽の専門的なことを知らないと務まらないでしょう。

僕の好きな評論家、故宇野功芳氏、福島章恭氏は、ともに音楽大学の声楽家出身でした。

ところが現代は、ブログで、いきなり世界に向けて発信できるのです。

そう今は、下積みを経なくても、いきなり人気者になれる時代なのです。

もちろん、受けても自由ですから、
発信さえすればいいというものではありません



旧態然とした雇用スタイルではついてこない

新人は、2年から3年は、下積み的な仕事もして、
キャリアアップしていくのが、いままでの雇用スタイルでした。

しかしネット時代の現在、ネットを活用にしてできる仕事は、
下積みを経ないですぐできるので、下積みなんか要らないんだよね。

だから、優秀な新人ほど、すぐやめてしまう傾向にあるんではないか、
と感じてしまうんです。



まとめ

僕が、現代の若者だったら、
一応就職するけど、ネットで稼ぐ系のことを
オフの時間にすると思います。

これから20年、30年、雇われるなんて
ぞっとしますね。

でも起業するほど資金も実力もない。

そんな時は、個人事業を立ち上げるのもいいと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。