定年後 退職しないで再雇用契約をして後悔していること

こんばんは。

60歳の人が10人集まれば、ほぼみんな自分の健康について

多少、不安に思っているのではないでしょうか?

よく、定年後(60才以上と置き換えてもいいと思うが)の

不安というと、

健康、お金、そして生きがい。

生きがいを孤独に置き換える人もいるけど、

僕は、孤独は不安でないので、

お金と健康があれば孤独になって大丈夫かな、

と思います。

お金も健康なら、

働くことが出来るので、

使える範囲での生活をすれば

最低限生きていけると思います。

そんなことを考えると、

僕にとっては、

現在、健康であることが一番大切なことなんですね。

今日は、定年後の健康と年を取って行くことの

追っかけっこについて考えたいと思います。




定年後 60才の1年は大きい

60才を過ぎてからの1年は大きいです。

大きいとのは、衰えによる変化のことです。

僕はいまでも忘れられない記憶があります。

それは、昨年秋に83才で逝った母のことです。

母は、70才ころから介護施設に入居していました。

僕は、毎夏事に見舞いに行きました。

でも最後の2年ほどは、僕のことを全く認識できないほどに

衰えていました。

最後に会った昨年夏も、

ほとんど寝ているのか起きているのか

わからない状態でした。

でも、まだ会話ができた4~5年前。

別れるとき、また来年来るね、

というと、1年も待てない、ととても寂しそうに言ったのです。

その翌年、また夏に行くと、

母は昨年と比べてもかなり衰えていました。

そうなんです。

高齢になると下り坂を石が転がるように加速度がついて

どんどん衰えが早くなるのです。

だから、60才を超えたら、

いやもう50代も半ばを過ぎたら、

もう、そのうち、いつか、今度、またはなくなるのです。

誰かと約束するなら

ちゃんと日時を決めないと行けないのです。

やりたいことがあれば、始めないと永遠にできなくなるのです。



定年後 再雇用契約は失敗だったかも!?

僕が務める会社では、定年の半年前に、

退職するか、再雇用契約するか会社に意志を伝えなければなりません。

僕は、定年3~4年前から退職することを周囲に言っていましたが、

結局、半年前に再雇用を申し出たのです。

なぜか?

その1番の理由は、経済的な問題です。

僕が務める会社は、従業員200名くらいの中小企業で、

退職金も多くはありません。

その代わり、再雇用の条件はそれほど悪くありません。

定年前から準備していたこともあるのですが、

それも軌道に乗っていませんでした。

だから思い切って退職することが出来なかったのです。

でもやはり後悔してるんだな。

思い切ってやめてアルバイトしながらやりたいことを

目指していたら良かったって。



定年後 迷いながら人生を模索

一方、再雇用でも良かったと思う面もあります。

それはやはり、収入面です。

賞与も出たしね。

ただ、僕としてはネットで稼ぐ系を目指しているので、

本音としてはもっと時間が欲しいのです。

そこで、今の契約はあと2か月ほどで切れるので、

次の更新には、出勤日数を少なくしたいと会社側に伝えています。

会社からの回答はまだありませんが、

条件次第では、退職もありかなと思います。




まとめ

人生は一度。

長くても短くても一度。

それも自分でその長さを決めることができない。

だから思い立ったが吉日ばかり、

やりたいことをやらないと後悔するばかり。

しかも、定年までは、多くは家族のため、

少しは会社のためという義務感で働いてきたけど、

もうそんな義理も定年とともになくなるものです。

今年の後半は変化の年にしよう!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たっくん より:

    私の場合56歳で心臓弁膜症の手術を期に早期退職。会社は元々低い給与から55歳から毎年1割余りの給与減で5年で半分に成りそれに伴いボーナスも減り退職金も少なかった退院後に戻る気も無く退職しました。以後3年半仕事には就いていません。年金貰う迄生活できる位の貯金も有りましたし、今は妻と切り詰めながら悠々自適とまでは行きませんが何とか生活をし車中泊旅に行ったり自由な暮らしをしています。だから後悔なんかしていません。でもあと3年、年金貰うまでは余裕が無いです。

    • komemaru1957 より:

      たっくんさん、メールありがとうございます。
      サイト管理者のこめまるです。
      私と同じか、1才くらい年下ですかね。
      定年後何かしなければならないということはないですし、
      好きなようにするのが一番だと思います。
      引き続き読んで頂ければ幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。