新型コロナウイルス 60歳が気を付けること

こんにちは、
こめまるです。

新型コロナウイルスから高齢者は、どうやって逃れれば良いのでしょうか?
そして60歳は、何を気を付ければ良いのでしょうか?

新型コロナウイルスについて少しずつ分かってきたことがあります。

どうやら若者や子供は、あまり重症化しないようです。
むしろ軽症か無症状のことも多いようです。

感染者の約80%が軽症ということです。
だから30代までの若者だけを見ると、割合はもっと高くなるようです。

ところが高齢者や持病のある人は重症化し、生命の危機になるようです。
致死率も70才以上が、ぐっと高くなっています。

では、60代ではどうなのでしょうか?

僕が観たデータでは、70代で8%代、80代で13%代でした。
そして60代で3.9%だったと記憶します。

つまり60代が感染すると、25人に1人が亡くなるということになります。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染パターンが分かってきた

さて、政府が10代から30代の若者世代に異例の呼びかけをしました。

それは、

『人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます』

というものです。

これは10代から30代の若者世代が、感染しても比較的軽症、または症状が出ない傾向にあるということです。
そこで自身が感染したという自覚がないままに、普通に生活していて、つい家族などにいる高齢者にうつしてしまうということです。

ところが高齢者や持病のある人は、重症化して死に至る場合もあるということが調査結果がわかりました。

北海道が良い例です。

札幌、函館などの観光地で中国人観光客などから感染した若者たちが、北海道各地に散って感染を広げた可能性があるということが分かったわけです。

若者たちは、症状が出ても軽症なので、自覚症状がないまま、感染を広げてしまったと考えられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルス 感染しやすい場所は避ける

国が若者世代に呼びかけた、人が集まる風通しが悪い場所とは、ライブハウス、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食などで、屋内の閉鎖的な空間や人と人が至近距離になる場所のことです。

これはいちいちその場所を限定するわけには行かず、各個人で判断するしかないと思います。

例えば、カラオケボックス、映画館なども危ないと言われていますが、TBSラジオでは、伊集院光が、映画館は満員だと報告していました。

これから1週間から2週間、つまり3月15日頃までが感染が拡大するかどうかの分岐点にあたるようです。
2週間は大人しくしているしかありません。

ウイルスも生き物です。そんな簡単に終息するかどうかはわかりません。

感染リスクは誰にでもあります。

やはりこまめな手洗いと免疫力を高める、いや免疫力を下げるような行動をしないことだと思います。
特に僕くらいの年代になれば、一番は睡眠不足です。

スポンサーリンク

まとめ

現在日本で感染が確認された人は、ダイヤモンドプリンセス号を除いて僅か274名です。
結局検査が進んでいいないので一見少ないようですが、実際はわかりません。

北海道では確認された感染者が70名ほどですが、推定では900名以上という数字も出ています。
これもあくまで推定ですが実際の10倍以上です。

現在、誰がうつってもおかしくない状況なので、感染している人は確認された人数の何倍、何十倍の可能性はあります。

もしかして本人も気づかず、治ってしまっているというパターンもあるかもしれません。

自分としてはこまめな手洗いと無理をしない生活をしていくだけですね。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました