老眼が日増しに進行 その対策と改善と予防について

こんにちは、

みなさんは、

視力は良いほうですか?

視力が良い人は、

視力の悪い人に、

うらやましがられますよね。

ですが、

視力の良い人のほうが、

老眼になりやすいと

聞いたことがあります。

そうかと言って、

視力の悪い方は、

眼鏡やコンタクトレンズなど、

視力を矯正するために、

いつもお金がかかり大変です。

ちなみに僕は、

大学に入る頃から眼鏡を掛け出し、

それ以来約40年間、

コンタクト、

近眼用の眼鏡を使い続け

推定50万円ほど使いましたよ。

そして50歳前後から、

老眼が始まりました。

今日は、

老眼について考えたいと

思います。




老眼が日増しに進行 その状況

現在60歳の私は、

りっぱな老眼おじさんに

なっています。

特にここ2~3年ほどに

急に進んできたように感じます。

僕の場合は、

近眼を眼鏡で

矯正していますが、

いまは、

眼鏡をした状態で

近くがぼやけて

ピントが合わなくなって

きたわけです。

そこで、

本や新聞を読む、

PCを操作するなど

近くを見るときは、

眼鏡を外す、

それ以外のときは

眼鏡を掛ける、

という生活をしています。

老眼は、

加齢で起こる現象なので、

完全には予防できませんから、

年齢を重ねるに連れて、

老眼になってしまうことは、

誰にでも訪れる可能性があります。

目のピント合わせを

してくれるレンズ、

つまり、

目の中の水晶体ですが、

厚さを調節する力が

年齢と共に弱まってしまいます。

レンズの調整が

うまく行かなくなった目は、

近い場所が見えにくくなります。

この状態を、

老眼と呼んでいますが、

年齢的には40歳前後から

出始める老化現象なのです。

ちなみに

私の妹は視力が2.0ですが、

40歳前から

近くが見えづらくなり、

今では老眼鏡が放せない状況です。

まだ30代の妙齢の女性が、

腕を伸ばして目から新聞を離して

見ている図は、色気のない構図でした。

私達の目は、

普段、何かを見るとき、

その物体に自動的にピントを

合わせて見るようになっています。

水晶体の厚みを変えて、

薄くしたり厚くしたり、

物に対するピントを合わせる機能が

目の中にあります。

老眼になってくると、

そのピントを合わせることが

可能な範囲が狭くなってしまうのです。

その結果、遠くはピントが合うけれど、

近くはピントが合わない状態になります。



老眼が日増しに進行 見た目の悪さ

昔からおばあさん、

おじいさん達は、

近くのものを見るときに、

腕を伸ばして遠くへと

離して見ていましたよね。

おじいさんと

一緒に暮らしたことがある方は

おわかりだと思いますが、

新聞などは、

腕を伸ばして

出来るだけ遠くに離して、

読んでいるのを、

みなさんもご覧になったことがあると思います。

このように、

老眼になると、

文字を読むためには、

遠くに離すことが必要になります。

見えない文字を

がんばって見ていると、

頭痛がしてきますし、

肩も凝りますので、

老眼鏡を使うことで

これらの症状は改善ができるでしょう。

無理して老眼と戦うより、

老眼鏡にお世話になってしまったほうが、

さまざまな体の不調も予防できると思います。

初めて老眼が出るのは、

40歳前後ですが、

多くの方がこれくらいの年齢で

徐々に老眼を自覚し始めると思います。

遠くはよく見えるけれど、

近くを見ていると非常に

疲れることも老眼の始まりです。

また、明るいときは近くも見えるのに、

薄暗くなると、近いところが

見えにくくなることも老眼です。

特に、文庫本などの

小さい文字を読むときに

遠くに離すと、

はっきりと見えることで

老眼を自覚する人も多いと思います。

私は通勤電車の中で、

文庫本の小説を読んでいたときに

なんか見辛いなあ、

と感じたのが最初です。

まだ40代の前半だったので、

正直ショックでした。

その後、特に進むこともなく来ましたが、

最近50歳代半ばを迎えるにあたって、

急激に進んできたように思います。

現在の中年の方々は、

昔の中年と違って、

とても若く見えます。

女性も美しい40代、

50代の方も多いですし、

男性もまだまだ素敵に見える歳です。

ですから、私たちは、

40歳では、まだまだ「お年寄り」という

イメージはありませんよね。

だから「老眼=お年寄り」というイメージを、

誰でも持っていると思いますが、

自分では認めたくないと思うのが人情ですね。




老眼が日増しに進行 予防と改善にはDHA

DHAは、

ずいぶん前から話題に

なり始めましたね。

いまでは、頭がよくなるからと、

子供に魚を食べさせたほうがいいよ、

と良く言われています。

さてDHAは、

魚介類に多く含まれています。

DHAは、人間の体の中で、

網膜細胞を活性化する作用があります。

DHAは網膜に

たくさん含まれる成分であり、

全脂肪酸の50%から60%を占める栄養素です。

そして血液網膜関門に入ることが出来る、

数少ない物質でもあります。

ですからDHAを摂取することによって、

網膜を守り、視力を高め、老眼の防止に役立ちます。


つまりDHAは、

網膜が衰えていくことを予防できるので、

老眼予防にはぴったりの栄養素ですね。

DHAが特に含まれている食品は、

魚介類全般の中でも、

イワシや、サンマ、マグロ、カツオ、

そして、サバ、アジ、ブリなどです。

これらの魚を積極的に食べるようにすれば、

網膜細胞が生き生きとしますから、

老眼も予防できるでしょう。

DHAは、不飽和脂肪酸です。

体内でつくることが不可能な

必須脂肪酸なので、

外から摂取しなければなりません。

ですから、食品やサプリメントから

摂取するしかないのです。

但し、

サプリメントでDHAを

過剰摂取することには

危険性が示唆されています。

例えば、

1日あたり3グラム以上の摂取ですと、

凝血能が低下して、

出血傾向が起きるケースがあるそうです。

サプリメントで摂取する場合は、

過剰摂取に注意が必要です。

まとめ

年齢を重ねると不便なことも増えてきます。

老眼もそのひとつですね。

老眼を嘆くよりも一緒に付き合っていくことが大切かなと思います。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。