当たってくだけろは、年を取ってこそ有効

こんばんは、ともやんです。
還暦まで88日。

僕の人生の書というと、
五木寛之の「青年は荒野をめざす」と
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」です。

共に五木さん司馬さんの代表作であるばかりでなく、
青春の書と言えます。

特に「青年は荒野をめざす」は、高校生の時初めて読んで、

その後五木さんの小説を良き漁ったものです。

そして一番最初に読んだこの小説は、
僕の生き方に多少なりとも影響を与えてくれました。

この小説のテーマは、
GO FOR BROKE!
当たって砕けろ、またはすべてを賭けろ、とことんやる、という意味があります。

内気で、シャイで消極的な僕が、

人並みに59年の人生を歩んでこれたのは、

時に挫けそうになるといつも心の中でこの言葉をつぶやいて

自分を励ましてきたからです。

それでも20代から30代前半においては、
まだ自意識過剰な部分があり、恥をかいたりするのが嫌でした。

だからGO FOR BROKE!がうまく実践できず、
もどかしい思いもしました。

でも年齢を重ね、40代、50代と徐々に実践出来るようになってきました。

男性は、年齢重ねると重厚になり、頑固で取っつきにくくなる人と、
より気さくで軽やかになる人の二通りがあるように思います。

僕は、軽く、気さくで親しみやすい人になりたいと思っています。
だからGO FOR BROKE!、そして恥を捨てよう!

人生、生きても、これから10年か20年なんだから。
変わった面白いおっさんがいたなって、

思い返すとつい笑われてしまう人になりたいと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。