小さな失敗こそ注意を

こんばんは、ともやんです。
還暦まで87日。

最近、小さなミスが気になります。
例えば、数字の読み違い、よく似た漢字の読み違い。
以前はなかったことなので、もしかして加齢と関係あるのかもしれません。

経営の神様、松下幸之助は、その著書の中で、

大きな失敗は、本人もよく考えて一生懸命やった上で
するものだから、本人もよくわかっていているので、
励ますように叱った方が良い。

でも、小さな失敗は、本人の気のゆるみから出ているものが多く、
本人も気づかないのでいることも多い。

小事にとらわれて大事を疎かにしてはいけないが、
小事を大切にして時には厳しくしかることも必要だ。

というようなことを書いておられます。

実は、そこなんです。
以前は小さなミスは、今度注意しようと軽く受け止めていましたが、

今は自分が一生懸命やっているのに小さなミスが起きるので、
これはまずいな、本心から思うようになりました。

多分、プロ野球の選手が、周りからまだまだやれるのに
なんで引退するのか?と思われている時には、
きっと本人にだけわかる小さなミスが起きろようになったからだと思います。

そういう意味では、プロ野球の選手から見たら気楽な稼業のサラリーマンでも、引退までもいかないでも、誰かにチェックさせるなど、より注意が必要になりますね。

まさに60才まで4か月弱の僕は、そんなジレンマの中にいるんです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。