定年後 自由になれると思った考え方

日記

おはようございます、こめまるです。

定年後の働き方、生き方をどうしようかな、と迷っている方に僕が、再雇用をやめて、自営で働こうと思った考え方をお知らせします。

 

50代半ばから生き方を絞った

僕は、55、6才ころ後何年生きられるかわからないけど、

世界中で一番僕を愛してくれる人、

世界中で一番愛している人、

世界中で一番お世話になっている人

のために生きようと決めました。

上から、母、子供たち、妻です。




スポンサーリンク

定年後 最低の責任は果たしたと感じた時

それから月日が流れ、僕は、定年になり、母は亡くなり、子供たちは成長しました。

父が高齢で健在ですが、子供たちは成人し、二人はすでに社会人。下の娘も大学3年。妻もバリバリ働いている。

もしここで僕がいなくなっても困らない、ということがはっきりしてきます。

つまり最低限の責任は果たしたという感じです。

これからはおまけの人生。

中年は荒野をめざす




スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました