人生のレールが見えなくなる時

おはようございます、
ともやんです。
還暦まで146日。

人は生まれた時から人生のレールの上を走っている、
と言ってもいいかと思います。

普通の一般家庭に生まれたなら、
5才か6才で幼稚園か保育所に入ります。
7才なる年に小学校に入学します。

6年間過ごして、13才になる年には中学校で3年間。
ここまでは義務教育。

まあ、多くの人が16才から3年間高校に通って、
現在は、半分くらいの人が、大学に進学します。

そして大学卒業後は、70%以上の人が就職して、既存の企業なり公的機関で働くことになります。

そして結婚して、子供が生まれて、育てて、その子供たちも
自分が走ってきたと同じレールを走ることになります。

人生はもちろんこんな単純ではありませんが、
ぼくはむしろこの敷かれたレールの上を脱線することなく
走ることは幸せのひとつの典型とも思います。

僕も生まれてからこの人生のレールを走ってきました。
乗り換えに多少戸惑った時もありましたが、脱線することなく
走ってこれたと思います。

脱線しそうな時がないでもありませんでしたが、
なんとかレールの上を走ってこれことに自分を誉めたいとも思います。

でも、定年を間近にしてレールが消えそうになっています。
定年は終着駅ではありませんが、ここからは別の支線に乗り換えるか、
それともバスになるのか、徒歩になるのか、わかりません。

ここから「中年は荒野をめざす」なのです。

もう中年ではないですが、「老人は荒野をめざす」、にすると
なんかわびしさと悲壮感が漂うので、僕は「中年は荒野をめざす」にしました。

定年まで半年を切りました。
その駅までのレールは見えています。

でもその先が、どうなっているのか?

筒井康隆の短編に「乗越駅の刑罰」という話があります。

“「乗越駅の刑罰」小説家の入江又造は七年ぶりに里帰り、乗越駅にやってくる。
無人と思い切符を出さずに改札口を抜けようとしたところに、駅員に呼び止められる。”

そこから悲劇が始まるわけですが。。。

僕は定年という乗換駅でうまく乗り換えできるでしょうか?


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。