定年だからって焦らなくていい、好きなように生きればいいんですよ

ブログのタイトルを変えました

こんばんは、ともやんです。

昨日タイトルを変更しました。

“定年よこんにちは、人生これからがおもしろい”

実は、このあとに“知らんけど”と付けたかったのですが、止めました。

大体、定年後1ヶ月しか経っていない僕には、これからが面白いのかどうかも分かりません。

ただ、せっかくなのでおもしろいこと、楽しいことを優先しようと思っています。



現役時代は我慢が基本でした

僕は、大学を出て就職し、定年を迎えるまでの35年半、一つの企業にだけ所属していました。

転職を考えたこともありましたが、どちらが得か考えて、今の会社に残り続けました。

これに関しては後悔はありません。

ただ、我慢してきたことはあります。

家族がいるから続けてこられた、一緒に働く仲間がいたから続けてこらた、でも所詮雇われる生きた方でした。

雇う側の論理と雇われる側の論理

これは僕の経験に基づく意見ですが、
雇う側と雇われる側は、絶対に相容れられないということです。

僕が勤めている会社は、中小企業ですから、社長の大変さは、
なんとなく分かります。

でも経営者なんだからしっかりやれよ、としか思いません。

一方、経営者の方も、社員たいしてドライです。

経営者がどんなに人間的に素晴らしい人でも、この人に付いていきたいと
思っても、どこか冷めた部分が残ります。

つまり労使の関係は相容れないのです。

ましてや、経営者が人間的に尊敬できなれば、なおさらです。

定年後はっきりしたこと

定年を迎えて、再雇用という契約社員になってことで、はっきりしたことがあります。

それが我慢の限度が下がったことです。

いままでなら我慢できたことも、我慢できなくなってきました。

そして自分が元気で動けるのがあと10年位としたら、我慢してでも
気の乗らない職場で働くことはないということです。

一方、そんな時にふとTake it easy!、気楽に行こうよ、と違う自分の声が聴こえるのも確かです。

どうせあと10年、おもしろい方、楽しい方を選んでいこう!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。