定年後 自分自身が「無意識の偏見」に捉われていないだろうか?

おはようございます、

ともやんです。

昨今、問題になった東京医科大学の不正に入試は、

とんでもない話ですが、

これはひとつの

「アンコンシャス・バイアス(unconscious bias)」訳して、

「無意識の偏見」があったと思われます。

例えば、

「女性は地図が読めない」

「女性は理系に向かない」

「障がい者には簡単な作業を」などの、

思い込みも「無意識の偏見」と考えられます。

同じく高齢者を見る目にも

それが当てはまるような気がします。

実際、以前の僕は、

自分に対して「無意識の偏見」を

持っていたと思います。

今日は定年退職者、

そして高齢者への「無意識の偏見」について考えます。




定年後 65歳以上の働く意欲について考える

内閣府によれば、

65歳~69歳の3人に2人は、

働きたいと思っています。

しかし、実際の就業率は4割超えに留まっています。

つまり働きたいと思っていても

約2割の人が就業していないという統計です。

実は、この差の原因には企業の「偏見」もありそうです。

そこで、そんな企業の偏見に対して、

考えを改めてもらおうという活動が出来てきました。

シニアの握力や歩く際の敏しょうさなどを測り、

記憶力、読解力や計算力もテストし、

データで元気な姿を示すというものです。

定年後 シニアと企業の橋渡しをする活動が出てきた

地域のコミュニティーセンターなどで、

「からだ測定会」を開き、

シニアと橋渡しをしようという活動が、

リクルート次世代事業開発室の宇佐川邦子氏※が

発案したアイデアだそうです。

測定会の結果をもとに、

その人の適性を判定するのです。

その結果と適性を見て、

介護スタッフ、接客・販売、店長代理、

監視・見守り業務など、

向いている仕事を具体的に、

シニア本人と企業がつかめるわけです。

※日本経済新聞2018年11月7日(水)の掲載記事より



定年後 自分の自信を取り戻すきっかけ作りになるかな?

体力が心配で

仕事に就くのをあきらめている人、

もう年だから、

難しいことはわからないと

パソコン操作などしようとしない人、

実は、やればできるに、

高齢を言い訳に

単にやらないだけかもしれません。

測定会は、

そんなシニアに自信を

取り戻させる

きっかけになると思います。

まとめ

人間は、生物です。

生物には寿命があります。

だから体力的に衰えていくことは

しかたのないことです。

でも、やってみて出来なかければ

しかたありませんが、

シニアの中には、

やる前から自分には無理だと

諦める人が少なからずいます。

まず、なんでもやってみましょう。

だって、もう失うものはないのですから。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。