定年後 もう一人の自分を見つけると困惑しない生き方が出来るかも

こんにちは!

「定年後」という本がベストセラーになるように、

いま定年後の人生をどう生きたらいいか、

迷っている人は多いようです。

定年後 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書) [ 楠木新 ]

僕自身が、昨年秋に定年を迎え、

現在、定年再雇用に働いていますが、

自分の本意とは違い、再雇用で働いていますが、

迷っている一人だと思います。

今日は、「定年後」の著者である

楠木新氏の新刊「定年準備」でも

取り上げている、

定年準備 人生後半戦の助走と実践 (中公新書) [ 楠木 新 ]

「もう一人に自分」を見つけるということを考えたいと思います。




定年後 流されるままだと夢がない

現在、約95%の会社で定年制があり、

その内約80%の会社が60才を定年と定めているそうです。

ちなみに65才を定年と定めて会社は約16%です。

そして現在、

企業は従業員が希望すれば65才まで

定年再雇用として

雇わなければならない義務がありますが、

その定年再雇用を選択する人が約80%だそうです。

つまり、勤めている人の約60%が、

60才の定年後65才まで働く定年再雇用を選択し、

65才定年の会社も含めると約75%、

4人に3人は、65才まで働くことを選択しています。

ところが65才以降はどうするのでしょうか?

僕の世代(1957年9月生まれ)は、一応63才から年金が出ます。

でも、それ以降のサラリーマンは、

65才、いや国の方針で70才からということになりかねません。

そうなった時のことを思えば、

流されるままに定年再雇用を選択していいのか!?

と考えてしまいます。

その疑問に答えるヒントが、

楠木新氏の新刊「定年準備」にあります。



定年後 困惑しないためのヒント

僕が勤めている会社は、

大手百貨店との付き合いがありますが、

百貨店担当者の同僚と話していたら、

その大手百貨店は、定年後の再雇用条件は、

なかなか厳しくて、

給料は、半分以下で1/3位になる人もいるし、

全然、経験のない部署に回されることも多いそうです。

それでも、その人たちはやめないそうです。

なんで?

と僕が質問すると、やはり転職するのが怖いのではないか?

という推測をしていました。

大手百貨店にいたなら

出入りの業者からもそれなりに扱われていただろうし、

退職金も中小企業に比べ良いでしょうし、

だから、無理して転職や独立しなくてよいのかな?

と僕は推測しました。

でも、サラリーマンの多数を占める、

中小企業の定年退職は大変です。

ちなみに僕は、

定年前とほぼ同じ仕事をしているのに、給料は2/3です。

そりゃ、モチベーションは維持できません。

そこで、楠木新氏は、

定年前にもう一人の自分を発見しておいて、

定年後はそれを活用してはどうか、と提案しています。



定年後のため在職中にもう一人の自分を見つけておく

楠木新氏は「定年準備」のなかで、

次のことを提案しています。

在職中に会社員とは違う「もう一人の自分」を見つけることであろう。

それは仕事だけではなくて、趣味やボランティア的なもの、興味ある事柄をもう一度学び直すことでもいい

そして、

50歳くらいから定年後に向けて、会社で働くとは違う「もう一人の自分」を探していく。

地域の活動やボランティアに関わってみる、趣味なので何かサークルに入ってみる、身の丈にあった小さな起業に向けて準備を始めるという手もある。

とにかくやりたいことをやってみる。

人生は一度きりだ。「二度あれば」と願ってもかなわない。

会社員時代は会社を通して“間接的に”社会とつながっているが、定年後には、「もう一人の自分」を通して“直接的に”社会とつながった方が居心地がいい

もう一人の自分をみつける方法としては、

子供のころ好きだったこと、趣味の延長、会社仕事の延長など、

その気になればヒントはたくさんあるとしています。

子供の頃から竹細工などのモノ作りが

得意だったので職人になった人、

明太子を毎日食べていて、

口に入れただけでどのメーカーの明太子か分かる人には、

ブログから発信して明太子評論家をめざす。

会社員の傍ら、フィナンシャル・プランナー(FP)

の情報をブログで発信をして、

役立ちたいと考えている人がいるし、

役員秘書の経験を活かし、カルチャーセンター

のビジネスマナーの講師をしたりなど、など。



まとめ

サラリーマンの約75%、

つまり4人の内3人も定年再雇用を選択しているんですね。

僕もその一人ですが、一番のリスクは、

65才までしか働けないことです。

しかも、年金があてにできない時代ですから、

生きて行くために働かなければなりません。

65才から何をやるかを

定年になってから考えるのは遅いと思います。

定年前から考えておきたいです。

おっと、この文章書いている自分が一番考えないといけないですが。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。