新型コロナウイルス 60歳 自分だって高齢者なのに

日記

こんにちは。
こめまるです。

現在、感染の拡大している新型コロナウイルス。
どうやら少しずつその正体がわかりつつあります。

30代までの若者世代は、例え感染しても軽症か、中には症状が出ない人がいるようです。
一方、高齢者は、感染すると重症化しやすく、特に持病を持っている方は生命の危険がでてきます。

そこで国は、若者世代に異例の呼びかけをしています。

それは、

『皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。』

というものです。

若い世代は、感染しても軽症なので、他の重症化しやすい人に、知らず知らずのうちにうつしてしまっているという可能性が高いということが分かったからです。

また高齢者も外を出歩かない方がいいと思います。

そしてふとここで僕は思いました。

『俺って高齢者?』

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 高齢者ほど高い致死率

正確な数字は忘れましたが、60歳以降致死率が上がります。

特に70代で8%台、80代で13%台だったと記憶します。

一方、60代は3%台。

しっかり平均を上回っています。

つまり現在62歳の僕は、高齢者じゃないと言い切れないのです。

僕は、時々自分が60代ということを忘れます。

例えば、60代のドライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えて事故を起こしたりすると
『もう60代なんだから、車の免許は返した方がいいよ』
とツッコミをいれます。

自分も60代なのを棚に上げて。

また60代の登山をしていた人が遭難したなどと聞くと、

『もう60代なんだから大人しくしていればいいのに』
なんて思ってしまいます。

僕は、ちゃんと60代なのに。

スポンサーリンク

まとめ

結局、自分が60代で高齢者の仲間入りをしているのに、心のどこかで、自分だけは違うという意識があるのかもしれません。

僕は、アルバイトでショッピングセンターの中を動き回ったり、ファミレスのホール担当をしたりと、もしかしてかなりリスクが高いことをしているのかもしれません。

困ったものです。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました