定年後という荒野 初めて経験する人生の終楽章 老いのレッスン

おはようございます、
ともやんです、

還暦まで321日。

先日の誕生日を節目に

これからの1年は、

60才を超える老年という

荒野を迎える準備期間です。

60才というと

社会的にも

経済的にも

生物的にも

生きていく上では、

まさに節目になります。




定年後という荒野 渡辺淳一著”老いのレッスン”

年齢をとることは止められない。
躰の衰えは自然の摂理。

でも、だからこそ、できることがある。

それが「老活術」だ。

邪念で若返ろう。自伝を書く秘訣。

新しい名刺の使い方。
老いても女性とつきあおう。

定年後、老後こそ、外へ出よう。

老いかたレッスン

興味ある方は読んでみてください。

定年後という荒野 これからの1年は定年後の準備期間

この1年準備して、悩んで、行動して
老年という荒野を渡っていくための準備をしていきます。

皆さんからみたらどうでもいいこともあるかもしれません。

でもその中で多少なりと感じることがあれば幸いです。

気負わないで事実、真実だけを見つめて淡々と生きていきたいと思います。



定年後という荒野 もう戻ってこない日々を大切に

それは、今日という日は、永遠に戻ってこないということです。

だから、次も、今度も、またも、ないんだよね。

若い頃は、再び似たようなチャンスが来るかもしれないけど、

人生も終楽章を残すだけとなると、

次も、今度も、またも、再びもないのですよ。

だから、一日一日大切に過ごすしかないんだよね。

最後に

僕は、体や動かなくなるまで働こうと考えています。

今勤めている会社で再雇用となっても、65歳までしか働けません。

しかし、定年までの準備をしようと考えても、現在のフルタイム勤務、残業や休日出勤を考えと来年の9月までに再雇用と同じくらいの収入を得る力はまだつかないでしょう。

さて、どうしたものか。。。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。