定年後 65歳以降も長く働くために大切にしたい3つのこと

こんばんは、こめまるです。

僕が最近であった本で、
共感を得た本が、

大杉潤氏「定年後不安」人生100年時代の生き方(角川新書)

です。

大杉氏は、僕より1歳年下ですが、

57歳で雇われない生き方を選択して、

現在、コンサルタント、研修講師などをして活躍されています。

僕は、定年に関する本は、何冊か読みましたが、

この大杉氏の提唱する生き方には、共感する部分が多かったです。

そこで、今日は大杉氏が提唱する65歳からの働き方には、

大切なことが3つあるということですが、

それについて自分に当てはめて考えたいと思います。



定年後 人の役に立つ専門性を磨き上げる

大杉氏は、65歳以降も長く働き続けるには、

「人の役に立つ専門性」を磨き上げ、長く続けられる好きなことをする。

と書いています。

なるどですね。

嫌々やっても、長続きしません。

現在、僕は中学生の頃から好きなクラシック音楽の

CDなどのレビューをブログで続けています。

それには、グーグルのアドセンスという広告を貼っていて、

ブログを訪れた人が、その広告をクリックすると課金されるシステムです。

まだまだ収入と呼べるようなものではありませんが、

記事の増えれば自然に収入も上がりと考えています。

現在、300記事ほどですが、ネタはたくさんあるので、

このブログは死ぬまで、毎日書いていこうと思っています。

人の役には多少立っているかもしれませんが、

専門性と言うとかなり疑問です。

でも、クラシック音楽のCDなどのレビューをしているブログを見ても、

何百としているものは少ないので、一番になるチャンスはあるかと思います。

定年後 変化する社会ニーズに対応するため学び続ける

学び続けるというと大変そうですが、

ブログを書き続けるというのは、

インプットしなければならないので、

それが自然と学び続けることになると思います。

だからブログを書き続けるということが学び続けることになると思います。



定年後 健康、体力を維持するための生活習慣を確立する

最近多少苦になっているのは、

毎日の通勤時間とフルタイムで働いていることです。

別に体力的にきついわけではなく、

もっとこの時間を自分のために使いたいと思うのです。

個人事業主になって、好きなことで働く続けるということは、
特別にジムに行ったりする必要はなくても健康を維持できると思います。

僕の現在の一番の不安は歯かな。

先日、生まれて初めて歯を一本抜いて、ブリッジにしたのですが、
どうもしっくりこないのですね。明日、歯医者に行きますが。

まとめ

定年後の不安は、大きく3つあると言われます。

「お金」「健康」「孤独」

この3つを解消する、一番良い方法は、
働き続けることだと思います。

このブログも1,000記事、2,000記事と続けていきたいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。