定年後の生き方 何もしないで25年 アルコール依存症から寝たきり

こんばんは、こめまるです。

僕の母方の叔父、つまり母の弟は、昭和11年生まれ、
つまり現在82歳です。

僕の自宅から、クルマで30分くらいのところに住んでいるので、
先日、久しぶりに見舞いに行ったら、すっかりやせ細ってしまって
昔の面影もないほどでした。

僕がよく合っていた10年前より以前は、恰幅のいい体格をしていて、
遊びに行くと、よくお酒をくれたものです。

今日は、その叔父の定年後の生き方について、書きたいと思います。



定年後の生き方 何もしないで25年 趣味に生きた

叔父は、昭和11年(1936年)生まれで、母より2つ年下。
中学校しか出ていない、母とは違って、子供の頃から優秀で、
奨学金をもらって、当時では珍しく、東京の理系の大学に進みました。

そして、大手家電メーカーに勤め、音響装置の開発や研究をしていたそうです。

ただ、55歳で役職定年を迎え、系列会社に出向し、58歳で早期退職しました。

だから、僕が結婚して近くに越してきた頃には、

60歳前にして、すでに退職していたことになります。

そしてそれから25年。見事に全く勤めには出ませんでした。

そんな叔父の趣味は、模型飛行機の製作と飛ばすことです。

定年後の生活は、普段は飛行機の製作をして、定期的に仲間と富士山の麓あたりに、

そんな施設があるようで、よく飛ばしに行っていました。

飛行機の製作に関しては、もともと器用な人で、非常に精巧に作ることから、

人に頼まれて作ってあげるということはしていたので、

もしかして小遣い程度の収入にはあったのかもしれません。

ただ、叔父が、勤めに出たとか、働き口を探しているという話は

まったく聴きませんでしたので、定年後は全く勤めにはでなかったのでしょう。

定年後の生き方 何もしないで25年 奥さんは働き者

一方、叔母さんの方は、働き者で、さすがに80歳近くなったいまは働いえてはいませんが、いまでの時間があれば友人たちを卓球をやったり、旅行に行く活動家です。

よく叔母さんが僕の家に来て愚痴っていました。

その内容が、普段は全く外出しないで、飛行機ばかり作っている。
趣味だからいいが、昼夜逆転して、しかも昼夜関係なく、ビールを飲んでいる。

少しは勤めに出て、生活のリズムを持ってほしい。

しかもこのままだと、動けなくなって介護も大変だ、と。



定年後の生き方 何もしないで25年 人それぞれ

僕は、現在61歳。

つまり叔父が僕の年の時は、まったく勤めには出ていなかったことになります。

収入は、年金だけ。

もしかして多少のアルバイト代はあったかもしれません。

時代も違うし、年金額も違うし、大手家電メーカーにいたのですから、

退職金も良かったかもしれません。

しかも、外で飲食するタイプではないし、

お金を使うことは趣味の模型飛行機だけ。

だから、蓄えもそこそこあったのでしょう。

しかも住宅ローンも定年時には終わっていたようです。

僕は、叔母の愚痴を聴きながら、正直羨ましいと思いました。

もしかして、叔父は定年後は勤めには出ないで、

趣味の模型飛行機作りだけをやりたかったのかもしれません。

だから、現役時代は、贅沢しないでお金を貯めたのかもしれません。

結婚が早かったせいで、二人の子供は定年前には、社会人になっていました。

まとめ

定年関連の本を読むと、定年後は、働きましょう、趣味を持ちましょう、近所の人たちとコミュニケーションを持ちましょう、など書かれているものが多いです。

でも、叔父は趣味以外は、全く逆の生き方をしてきました。

叔母の愚痴もわかります。

身体が動く限り働こうと思っている僕は、叔父のような生き方はしないでしょう。

でも、どこかに叔父のような生き方に憧れている自分がいるのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。