認知症予防 救世主

健康

こんにちは。
こめまるです。

年齢を重ねるにつれて不安なのは、「健康」「お金」「孤独」という三大不安が挙げらえます。

どれも不安なのですが、個人的一番不安なのは「健康」です。

なぜなら、健康なら働けます。
働けば収入が得られ、孤独からも解消されます。

「お金」があってもボケてしまえが、宝の持ち腐れです。

むしろ老後は、節約するストレスから、使う喜びの方が精神的に良いと思います。

さて、今日は健康の中でも特に大切な病気認知症予防について考えたいと思います。

スポンサーリンク

認知症予防 救世主 沖縄の島が教えてくれた

沖縄県沖縄本島の北部に位置する人口3,000人ほどの大宜味村(おおぎみそん)は、長寿の村として知られています。

この島では80歳以上の90歳、100歳の方たちも元気にしかも働いたり、自立して生活されています。

しかも調査の結果脳年齢が非常に若いことがわかりました。
つまり認知症の方は非常に少ないのです。

15個の単語を1分間見て、その後分以内に何個言えるかというテストがありますが、普通の70歳以上だと、5個から6個なのですが、大宜味村の70歳以上のお年寄りは、7個位以上、中には100歳で9個(ちなみに62歳の僕も9個)という女性もいて、平均で脳年齢が30歳以上若いことが分かりました。

それはなぜなのでしょうか?

認知症予防 切り札になる成分

それは認知症予防の切り札となる成分があるのです。

その成分は、ノビチレンという成分です。

ノビチレンを与えたマウスと与えないマウスでは、認知症になるリスクが全く違います。しかもノビチレンを与えたマウスは賢いのに、与えなかったマウスはボケるのです。

スポンサーリンク

そして、この大宜味村では、ノビチレンを多く含む食材は、普通に食べる習慣あるのです。

その食材が、シークワーサーなのです。

食品・飲料・お酒 の優れたセレクションでオンラインショッピング。

大宜味村の方たちは、毎日このシークワーサーをお刺身に掛けたりジュースにして飲んでいいるので、脳年齢は若いのです。

最後に

大宜味村は、シークワーサーの生産では日本一で、全体の約6割も生産しています。
現在の研究では、薬やサプリメントとして市場に出るまでまだ数年が掛かるようです。

それならシークワーサーのジュースはネットで簡単に手が入るので、これを利用しな手はありません。

またノビチレンの多く含まれのはまだ青い時期の9月頃に収穫したののだそうです。
収穫時期は9月から12月ですが、青い時期のもので、ノビチレンは皮に多く含まれています。

だから購入時は、収穫時期をちゃんとチェックして購入してください。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました