定年後の起業 なぜ再雇用ではいけないのか!?

現在、定年後の再雇用は、16ヶ月目です。

でも、1年やったところで嫌になって
上司に辞めるといいました。

一回り年下の上司は、
私の言い分もよく聞いてくれましたが、

切りのいいところ我慢して欲しいと言われました。




定年後の起業 37年間我慢したんだから

働き方には、雇われて働くか、雇われないで働くかの
2つのパターンがあります。

もうひとつ雇う働き方もありますね。
つまり経営者です。

でも、37年間サラリーマンをやってきて、
いろいろ世間を泳いできて、
ようやく定年と言う一つのゴールにたどり着きました。

サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ、
という考えもありますが、どんな恵まれた環境でも
様々な不満が発生します。

つまり雇われている限り、絶対自分の思い通りにはいかないのです。

定年後の起業 雇う側の働き方も気が休まらない

では、人を雇う働き方はどうなのか?

これは、もっと大変だと思う。

雇う人の人生を背負い込むことになるので、
僕は、絶対嫌ですね。

しかもそれなりの資金があって、
やりたいことも明確でも経営者になれば、
社員の働き方に対して気になります。

別に慈善事業ではないので、
働きの悪い社員にはムカついたりするだろうな。

いままで経営者に不満を持ったけど、
自分がその立場になったらどうか、というと
僕にはやはり出来ないな、と思ってしまいます。



定年後の起業 雇われない、雇わない働き方がベスト

結局、定年後に起業するなら、

雇われない、雇わない働き方がベストです。

まあ、不満は無くなりますが、不安は出てきますがね。

でも、65歳からは年金をもらえるというのも

大きなことで、起業は上手くいかなくても

全く路頭に迷うこともないでしょう。

あと、一番は、起業にはお金を掛けない事。
これは絶対ですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。