定年後の再雇用 あなたが中小企業の社員ならおすすめです

希望する社員には、

雇用する義務があるとして

高齢者雇用安定法が改訂になったのが、2013年のこと。

それから5年が経ちましたが、

雇う側と雇われる側の思惑は、

マッチングしているとが言い難いのが現状です。

僕も約14ヵ月経験したのでよくわかります。

今日は中小企業の社員なら再雇用はおすすめと題して、

僕の経験から踏まえてお伝えしたいと思います。




定年後の再雇用 中小企業ならではのメリット

中小企業において、

定年後の再雇用で、一番のメリットは、

自分が必要とされている、ということです。

中小企業は、大企業と違って、

採用に関してはなかなか厳しい状況にあります。

会社の将来を考えれば、若い人を採用したいのですが、

なかなか来てくれません。

そうなるとベテランの社員には、定年後も働いてもらいたいものです。

だから、前述の高齢者雇用安定法が改正される前から、

継続して働くというケースも普通のあったのです。

つまり中小企業では、定年後も自分の居場所があり、

給料も大企業に比べれば、下げられる率も少ないのでおすすめです。

定年後の再雇用 中小企業ならではのデメリット

定年後の再雇用で中小企業のデメリットは、

定年前と全く同じ部署で、同じ仕事をしているのに、給料が下がることです。

僕の場合は、部署も席も業務内容も同じなのに2/3になったので、

僕の方から、給料にあった仕事量に減らしました。

つまり後述しますが、自分で考えてやらない仕事を決めたのです。



定年後の再雇用 結局自分の仕事への姿勢を周りが見ている

定年後の再雇用について

僕は大事なことが、2つあると思います。

一つ目は限られた時間、与えられた仕事は一生懸命するということ。

二つ目は、やらないことを決めること。

一つ目はわかりやすいですが、二つ目の真意は次のように考えます。

定年後の再雇用では、多くの方は、給料も下がりますが、就業時間も制限されます。

中には週3日で良いという契約の人もいます。

これは会社が厚生年金に加入しなくて済むからです。

また僕のようにフルタイムで働く契約でも、

残業はしない、休日出勤はしないという契約です。

これはいまでは反省していますが、現役時代はこなす業務も多く、

そんな時は、残業したり、時には休日出勤して処理しようと考え、

実際やっていました。

でも、再雇用後も同じ業務内容の僕は、そのままのやり方では、

とてもではありませんが、業務をこなせません。

それでやらないことを決めたのです。

もちろん、自分で勝手には出来ませんので上司と相談しながらです。

最後に

現役時代は、自分の業務範囲の拡大していきました。

でも定年後の再雇用では、限られた時間の中で出来ることを

しっかりやるのがポイントだと思います。

そうすれば、採用の厳しい中小企業の中では、重宝され、

65歳まで以降も働けると思います。

実際、僕の所属する会社でもあることに特化していれば、

65歳以降も働入る人がいます。

自分が、再雇用で70歳まで働きたいと思っているなら、

中小企業なら大いにチャンスはあるし、自分の居場所もしっかりあると思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。