定年後の友だちについて考えてみた。あなたは友だちはいますか?

さて、ある日同僚たちを雑談していて、

お前、友だちいる?

と聞かれて、

えっ?と反応して、考えてしまいました。

あれ、俺って友達いないんじゃない?

いや、仕事と関係なく、一緒に飲みに行ったり、

食事行ったりする人はいます。

それを友だちと言うなら、友だちですね。

でも、親友とは言えないだろうな。。。

ということで、定年後の友だちについて考えたいと思います。




定年後 友だちって何?友達の定義を考えてみた

さて、現在の僕の交友関係を見てみますと、

1、圧倒的に多いのが仕事関係、いや会社関係のお付き合いです。

2、次は、趣味のお付き合い。

僕は現在合唱団に入っていますので、その合唱団の仲間たちですね。

3、副業関係のお付き合い。

ネットビジネスで独立を考えていますが、それで知り合った人たち。

ちなみにシティリビング調査によると、

大人になって出来た友だちは、圧倒的に勤め先が多く、

次に趣味の集まり、そして子供を介した付き合い、

SNS、習い事となっています。

つまり僕は標準的なところですね。

定年後 勤め先で知り合って親友になる。いいじゃないか!

社会人になって、しかも20年、30年と社会人、

というよりもサラリーマンをやってくるとお互い知り合って、

俺、お前というようにため口で話し合える関係は、

年齢と共に難しくなってきます。

考えてみると、そういう関係になったのは、

同期で入社した数名しかいません。

どんな親しくなっても先輩にはため口では話しかけませんし、

後輩がため口に話しかけてくることもありません。

また、仕事をプライベートをはっきり分ける人もいて、

プライベートでは、仕事で知り合った人とは付き合わない、

と主張する人もいますが、これもおかしいようね。

仕事もプライベートも同じ自分の時間の中です。

どんな知り合い方でも、その相手と気が合い、尊敬できれば、関係ないと思います。



定年後 親友は実はすぐそばにいた。妻が生涯に友

実は、これが僕の結論なのです。

妻が生涯の親友だと思うのです。

よく、男女の友情は成り立つか?

という命題が語られることがありますが、

僕の結論は、成り立つと思います。

ただ、条件としては、男女の関係があったという事実です。

それから考えると、妻は親友なのです。

あくまで僕の見解ですけどね。

最後に

友だち、親友の定義を考えようとして面倒になりました。

そんなのどうでもいいのです。

自分が友だちだ、親友だと思えばいいのです。

だから、人の数だけ、友だち付き合いのスタイルがあるのです。

そして、最高の親友が、人生を共に歩む妻だと思うのです。

というよりも、妻とは親友になった方が上手くいくのではと僕は強く思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。