定年後 失業給付 働く意欲があるなら64歳までが受給額が高い

おはようございます、

ともやんです。

僕は、定年一年前には、

定年で退職するつもりでしたから、

失業給付について一通り調べました。

それで、妻に退職後すぐ別の仕事をするが、

すぐ職が見つからなくてもこれだけの失業保険が支給される

というを伝えて、一応了解をもらっていました。

こんな妻とのコミュニケーションも

良かったのではと、今では思っています。




定年後 必ずチェックが必要な失業給付

「失業給付」は、雇用保険加入者を対象とする制度です。

「失業給付」は、定年を迎えた後でも働く意欲がある限り、

もらうことができます。

ただし、退職後1年以内にもらうのが原則です。

定年退職後、継続雇用を続けて65歳以降に失業した場合は、

高年齢求職者給付金をもらうことになります。

この高年齢求職者給付金に関しては

別途ページを設けたいと思います。

定年後 働く意欲があれば失業給付

■誰だもらえるか?

・働く意欲のある人
・退職日以前の2年間に雇用保険の被保険者期間が、12ヵ月以上ある人
・基本手当がもらえるのは65歳の誕生日前日までに退職した場合。
それ以降の退職だと「高年齢求職者給付金」という一時金が支給されます。

■どんな条件?
・65歳未満で被保険者期間が20年以上の場合、基本手当の給付日数は150日。
・基本手当日額は、60歳以上65歳未満の場合、賃金日額×一定の給付率(45~80%)で、上限額は7,042円。

■支給対象期間は?
原則、退職日の翌日から1年間。

■手続きは?

・手続き事務所は住居を管轄するハローワーク



定年後 失業給付、初回申請に必要な書類

・(初回)求職申込書

・雇用保険被保険者離職票(1、2)

・雇用保険被保険者証

・個人番号確認書類(マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票のいずれか1点)

・身元確認書類(運転免許証やパスポートなど)のうちいずれか1点。持っていない場合は、公的医療保険の被保険者証や年金手帳などのうち異なる2点(コピー不可)

・写真(3ヵ月以内に撮影された写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm)2枚

・本人名義の受取先金融機関の通帳またはキャッシュカード

・印鑑

たとえばいくらもらえるのか?

・60歳定年退職時の被保険者期間が20年以上で、賃金日額が1万5千円の場合、基本手当日額は、1万5千円×45%=6,750円で、所定給付日数は150日、支給総額は101万2500円。

まとめ

定年後、60歳以前より収入が下がったりと、労働環境が大きく変化します。
そのため。雇用保険や年金などの社会保険制度によるサポートが行われます。

こういった制度を知らずにいると、もらえるはずのお金をもらえなかった、ということなりかねません。

定年を迎える前に、定年後どんな働き方するのか、考えると同時に、
どんな制度を活用して、損をしないように働いていくかを考えることはとても大切です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。