定年後の再雇用 その心得 今だからわかる大切なこと

こんばんは!

ゴールデンウィーク明けは、一気に一カ月以上時間が戻ったかと思うほど、
肌寒い天気で、今日などは、秋冬用のスーツで出勤したほどです。

最高気温も17℃くらいで、ヨーロッパみたい感じって、
ちょっと喜んでいましたが、二日間とも雨で、やはり鬱陶しくありました。

さて、昨日は、妻の50ウン回目の誕生日、スパークリングワインを買ってきて、
二人での飲んだ関係で、ブログの更新をサボってしまいました。

今日は、定年後の再雇用から7ヶ月経って、
当たり前のことを知ったぼんやり者の僕の話をしたいと思います。




定年後の再雇用をなぜみんな希望するか?

現在、産業労働省の指導により、日本の企業は、
①定年後、65才まで雇用する。
②定年を延長する
③定年を廃止する

のどれかを選択しなければならないそうで、一番多いのが、
①だそうです。

そして、定年後、再雇用を希望するサラリーマンは、約84%もいるそうで、
何を隠そう僕もその一人です。

そう言えば、僕は就職した82年は、定年が55歳で、60歳定年に引き上げられたのも
そんな昔ではないですね。

企業からすれば、僕が就職したころは、まだ年功序列が残っていたから、
能率は落ちる、50代になれはさっさと辞めてほしかったのかもしれません。

その考えは現在でも企業側には残っていて、
定年になり退職金をもらったら、給料は一気に落ちます。
僕は、約2/3位になりましたが、中には、週2~3日の出勤で、
当然給料も半分以下、コンビニでアルバイトした方がいいんじゃない?
程度の給料に落ちる人もいるそうです。

でも、80%以上の人が再雇用を希望するのはなぜか?

それは人それぞれに理由があると思いますが、
私見では、単に面倒だから、という理由が一番大きいのでと思います。

先日も百貨店に行っている友人と話したのですが、
定年前は、それなりの役職に就いていたのに、
定年後、倉庫係に回され、給料も10数万円まで落ちる人もいると言ってました。

僕が、それなら辞めればいいじゃない?というと、彼曰く、60歳を過ぎて就活したり、転職するのがみんな面倒らしい、と答えていました。

まあ、大手の百貨店だから退職金もいいだろうけどね。



定年後の再雇用 辛いことはたくさんあるよ

再雇用にされて一番辛いのが、仕事ない、ということだそうです。

また、中途半端な役職は、当然はく奪されるので、
権限もなくなり、しかも部下だった社員が上司になるので、
いままで指示していた部下に、今度は指示される立場になります。

また、管理職が長かった人の中には、現場の仕事を忘れていたり、
苦手な人もいるので、これも辛いですね。

そう言えば、妹は銀行にパートとして勤めていますが、
元管理職の人が、定年後、現役時代と同じように偉ぶっていて、
同じように指示したりするので、みんなから嫌われている、という話していました。
ただ、上司が元部下なので、なかなかはっきり注意しないと、
現在の上司にも当たっていました。

この辺の人間関係は微妙ですが、
現在の上司は、過去の事は過去の事として、
はっきり注意して、言うこと聞かなければ、人事に頼んで
異動させることだろうね。



定年後の再雇用 新入社員と一緒と心得よ

これは僕も勘違いしていましたが、
再雇用とは、一旦退職しての再雇用ですから、新入社員と同じなわけです。

僕などは、定年後も前と同じ仕事を同じメンバーでやっているものですから、
自分も周囲もそのままで、むしろ僕から再雇用で権限も責任もない
契約社員ということをアピールしないと周囲の社員も同じように接してきて、
それはそれで、面倒と思うことがあります。

だって、給料が2/3になったんだから、前と同じことは出来ないし、やらないようにしないといけません。

心得としては、新入社員と同じです。

まとめ

再雇用の契約をしたら、基本は契約内容の遵守です。

契約内容に対して、なにも足さない、なにも引かない、です。

だから契約書を交わすときは、納得行くようにしないといけないと思います。

日本は、僕を含めてまだまだドライになれない人が多いかな。。。。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。