あなたはいくつまで働きたいですか?僕は身体が続く限りかな

あなたはいくつまで働きたいですか?

こんばんは、ともやんです。

実は、僕は前々から体が動く限りは働きたいと思っています。
働くと言っても雇われる働き方もあれば、自営もあります。

どんな形態にあろうと働きたいと思っています。

理由は、

まず、経済的に必要だから
次に、健康のため
そして、最後は生きがいのため

さて、あなたはいくつまで働きたいと思っていますか?

先日、母の葬儀で実家のある富山に戻り、その席で、
久し振りに親戚の叔父や従弟に逢いました。

年齢的には、僕は下の方でしたが、参列者を観察していると
仕事を続けている人の方が、生き生きしている様に感じました。

僕は、社会との繋がりを持っていたので、動ける限り働きたいうですが、さて、いくつまで働けるでしょうか?



働くのは70才まではひとつの目標

60才以上の働いている人に、いくつまで働きたいですか?と
アンケートを取ると、70才までと答え方が一番多く、28.5%でした。

次が、65才の20%、
続いて、75才の12.6%、80才の11.2%と続きます。

僕も身体が動く限り働きたいと思っていますが、
しっかり働くのは70才までと漠然と考えています。

あとは、その時の経済状況、健康状況ですね。




シニアの労働需要が広がるかも!?

僕は、楽観的なのは能天気なのか、いまの会社を辞めても、仕事はあって、なんとかなると勝手に思っています。

そして、日本の社会全体でシニアの働き口が広がると思っています。

でもこれは喜ばしいことではありません。

つまり政府としては、年金の受給年齢を引き上げたいので、
シニアには働いて貰いたいです。

そして民間の企業には、シニアを出来る限り高齢まで雇って欲しいのです。

つまり、シニアからもっと働きたいというのではなく、お前らには、年金払えないから、もっと働け、という訳なのです。

でも、理由はどうあれ、シニアが働ける場所は増えるでしょう。
そこで自分にあったところを探したらよいと思います。

おっと、一番大事なことがありました。
どんな仕事でもいいけど、楽しめることが条件ですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。