老後 不安に感じること三つ 「健康」「生活費」「孤独」

おはようございます!ともやんです。

よく言われることですが、人生の三大不安は、

「病気」「貧困」「孤独」です。

今日は、老後においての不安について考えたいと思います。

もう10年ほど前のですが、厚生労働省が実施した

「高齢期における社会保障に関する意識等調査」によれば、

老後に対する不安で最も大きいものは「健康」の約45%、

次いで「生活費」つまりお金に関することが約33%となっていました。

今日は、定年後、老後の不安について考えたいと思います。




老後の不安 病気と貧困に対する不安

老後の不安で、全体の8割を占めるのが、病気と貧困です。

病気と貧困ということは、つまり健康とお金ですね。

この2つに対して、孤独に対する不安はパーセンテージは低めですが、

内閣府の調査によると別の調査によれば、

過去30年間で高齢者人口に占める一人暮らしの老人の割合は、

女性で2倍、男性でなんと3倍にも増えています。

ということは、「孤独な高齢者予備軍」が増加してきているのが現実です。

もしかして、高齢者の犯罪が増えているのは、孤独の増加が原因なのかもしれません。

老後の不安 三大不安の関連性

さて、老後の三大不安「健康」「お金」「孤独」は、

それぞれ独立しているものではなく、他界に関連しています。

例えば、病気になると働けなくなる。

働けなければ、収入がなくなり、貧困の原因になる。

そして働かなくなり、貧困になれば、余計社会との設定が

なくなってしまい孤独に陥ってしまうという図式になります。

また働く場、自分の居場所がなくなると

経済的な困窮だけでなく精神的なダメージを受けて身体の調子も悪くなります。

結論は、この三大不安「健康」「お金」「孤独」は緊密に関係しているのです。




老後の不安 基本は健康の維持

僕は、以前このブログでも書きましたが、基本は健康の維持だと思います。

健康で活動できることが基本で、健康を害すると働けなくなる、

働けなくなると収入がなくなり生活がひっ迫される。

特に年取ってからの健康面で大きなダメージを受けると回復な容易ではありません。

私の父親は、現在84歳で元気ですが、やはり健康だからだと思います。

まとめ

僕は、60歳になって感じたのは、60歳を過ぎてからの1年は、

40代、50代半ばくらいまでの2年~3年にも感じます。

つまり、体力などの衰えが、50代の半ばくらいまでは、

現状を維持している感がありますが、特に60歳少し前から、

あれ?なんか衰えてきてるかな、と感じるようになるのです。

ただ、老いのよる衰えは、いきなり来るわけではなく、

少しずつですが、健康を害するといきなり働けなくなり、収入にも影響しますので、

健康第一で気を付けていきましょう!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。