定年になってまでいたくない会社になぜ80%の人が残るのか!?

僕もそうでしたからわかります。

定年の2~3年前までは、定年で会社辞めます、

と公言していました。

しかも僕の場合は、準備もしていました。

まず、なんといっても36年も働いた会社に

未練はありませんでした。

そして、雇われない働き方に憧れていました。

ところがですよ、

なんと定年後はそのまま継続雇用で

同じ会社で働いています。

そしてこの10月で2年目になりました。

あんなに嫌がっていたのになぜ、

継続雇用の道を選んだのか考えてみます。

※継続雇用と再雇用という表現は同じ意味で使っています。




定年になってまでいたくない会社 結局は金

厚生労働省の「高年齢者の雇用状況」平成29年を資料で、

60歳定年者の動向を見てみると、

なんと84.1%もの人が継続雇用を選択しています。

継続雇用を選択しなかったのは、僅か15.8%にしか過ぎず、

なかには、どういう理由か分かりませんが、

継続雇用を希望したのに継続雇用されなかった

という人が0.2%いました。

よほど労使間で条件に開きがあったのでしょうか。

この数字が示すように、僕が所属する会社でも、

継続雇用を希望しなかった社員を

異端と見る雰囲気までありました。

同僚の女性は、そんな再雇用を選択しなかった人を

揶揄するように言うので、

僕は、「定年後は、働く自由も働かない自由もあるよ」と

少し戒めるようにいったものです。

さて、定年前は、あれほど辞めると言っていた僕が、

再雇用を選んだのは、一言お金です。




定年になってまでいたくない会社 損得勘定で選んだ再雇用

つまり会社に継続雇用の希望を伝え、

会社から提示された条件が思ったより良かったのです。

会社から出された再雇用の条件が良かったのです。

具体的には、年収ベースでは定年前の約70%で、

残業、休日出勤はなく、しかも同じ業務を継続できることでした。

ちなみにある調査によると、定年後の再雇用の年収は、

約376万円ということですので、

それよりも良かったのです。

多分60歳過ぎのおじさんが、

アルバイトすれば、せいぜい時給1000円くらいで、

最大でも週40時間で、月収15~16万というところでしょう。

多分、現在の再雇用の条件から見ても半分です。



定年になってまでいたくない会社 不安と不満のどちらを取るか

結局、不安を取るか、不満を取るかだと僕は思います。

65歳までのことだけ考えれば、

多少の不満はあったても

継続雇用または再雇用の道を選ぶでしょう。

長年勤めてきた会社ですから、

不満はあっても不安は少ないでしょう。

一方、こんな会社辞めてやる!と飛び出して、

新しいアルバイト先を見つけたり、起業したりすれば、

特に自分のやりたことで起業した場合なんか、

不安はいっぱいでしょうが、自分で選んだ道ですから不満はないはずです。

つまり不安と不満のどちらを我慢できるかだと思います。

まとめ

ゴロがいいからでしょうか、

人生100年時代なんてメディアでは言っています。

僕自身冗談じゃない、と思うのですが、人生100年時代なんて来ない、せいぜい80年時代でしょう。

それでも定年から20年もあるのです。

会社人間として40年近く我慢をして働いてきたかも多いことでしょう。

だから再雇用は、65歳までなら不安は少ないですから、いいでしょうが、65歳以降のことを考えると、不安でいっぱいになります。

やはり、65歳からも働けること考えないといけないですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。