定年後 孤独な自分にならないためにいつから準備が必要ですか?

老後にはこれだけお金がいる、という情報を聞いて、

お金の不安ばかりを抱いている人も多い。僕なんかもろそうですが。

でも、実際に定年を迎えた人は

「人とのつながりが持てない」

「居場所がない」

といった孤独に対する不安を語る人が少なくありません。

では、孤独にならないためにどんな準備をすれば良いのでしょうか?




定年後 孤独にならないために主体的に生きる

会社員時代と定年後で、組織に属さなくなった時の大きな違いは、

主体的に動くかどうかだと思います。

会社員時代は、組織の中で上司からの

指示、命令、また取引先、社内の別部門からの依頼なので、

自分が主体的に動かなくても、どんどんやることが出てきます。

むしろ主体的と言うよりも、自分を抑えて行動しないといけないこともあります。

でも、定年後は自分が主体的に動かないといけなくなります。

つまり自分が何もしないと何も起こらない、起きないのです。



定年後 孤独にならないための準備

25万部のベストセラーとなった

「定年後 50歳からの生き方 終わり方」の著者、楠木新氏は、

次のようにアドバイスしています。

50歳くらいから、定年後に向けて、会社で働く自分とは違う、

「もう一人の自分」を探しておく必要があります。

地域の活動やボランティアにかかわってみるものいい。

趣味などでサークルに入ってみるのもいい。

小さな起業に向けて準備してみるのもいい。

何でもいいのでやりたいことをやってみる。

だそうです。

僕はその通りだと思います。

僕は、定年前から会社にいる自分とは別の自分を作るために、

地域の合唱団に入ったり、インターネット広告業、つまりアフィリエイトを始めました。

僕の場合は、楠木新著「定年後」を読んで、

自分の準備が間違いではなかったと裏付けとなりました。



定年後 孤独にならないために準備はいつから?

楠木新氏のいうことはよくわかるんだけど、

では何をやったらいいの?

というのが一番の問題だと思います。

だから、定年後になってからだと遅いので(決して遅いわけではない)中には、

20代、30代から考えなきゃいけない、という論調の人もいますが、

現実味がないので、50代になってからで十分だと思います。

ただ、早期退職を選ぶ人もいますので、早い人で40代の中頃かと思います。

その年代だと、あと10数年で60歳になるということ、

自分の親が70歳を越えてきてその現実を見ることで、

より自分の問題として考えられるからです。

定年になってから考えても決して遅くないですが、

僕は50歳になったら考え出せばよいと思いますし、

定年前から自立したいと考える人はそれ以前から考えれば、

選択肢が増えますし、基礎力が養われます。

最後に

現代はもちろん、いま会社員として働いていて、

今後定年を迎える人たちには、

定年後に悠々自適な生活は待っていません。

簡単に言うと、引き続き働いていかなければなりません。

でも、働き方には、雇われたままで働くか、

雇われないで働くかの二つの選択肢があります。

40年近くも会社に雇われて、使われてきた身には、

やはり雇われない働き方が魅力です。

それには準備がなんです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。