定年後 健康寿命を考えると人生100年時代なんてうそでしょ!

こんばんは、こめまるです。

人生100年時代なんて最初に誰が言ったか知りませんが、

単に語呂がいいから言ったとしか思えない、

ある意味無責任な言葉ですね。

昨年平成29年、日本男性の平均年齢が81歳にもなりました。

ちなみに僕の父は84歳ですは、

母を見送った後自分一人でも元気に生活しています。

さて、いくら人生100年時代と語呂がいいからと言いだしても、

生き物である人間の寿命がそう簡単に伸びるものではありません。

だから僕は、健康寿命75年時代をどう生きるかを考えたいと思います。



定年後 70代前半で逝った二人の恩人

僕は、この2年の間に、仕事関係でお世話になった

二人の恩人を見送りました。

お一人は、74歳で急逝。

前日まで出勤されていたのが、会社のあとるセミナーに出席していた時に

急に体調が悪くなり、救急搬送されましたが、帰らぬ人になりました。

もうひと方は、体調が優れず自宅で療養されたいたそうですが、

72歳で逝かれました。

それぞれ僕より14歳、12歳年上の先輩でした。

ちょうどお会いした時が、現在僕の年齢、つまり60歳で、

その時の元気なお姿を知っているだけに

それから10年と少しで逝かれたことに、

ああ、僕もあと10年か、という気持ちにありました。

定年後 8万時間なんてうそっぱち

60歳から、75歳までの期間を黄金の時といって、

身体も元気で、扶養の義務もなくなり、

自分で自由に使える時間が多いときと言われます。

その自由に使える時間というのは、合計約8万時間で、

サラリーマンとして30数年、会社に勤めていた時間に匹敵します。

なお、自由に使える8万時間の概算は、

15時間(1日の自由時間)×365日×15年間≒82,000時間

でも、その8万時間と言うのは一度に来るわけではなく、

75歳まで生きてやっと手にする時間です。

でも、その時にはその8万時間はけっして戻ってこない時間で、

いやぁ、8万時間もあるんだ、とのんびりしていると、

使おうと思た時には、どんどん過ぎていく時間なのです。



定年後 毎日を大切に生きるだけ

つまり8万時間は、過ぎてようやく手にできるもので、

大切に使おうが、無駄に使おうが、過ぎてしまえば8万時間は、

8万時間でしかありません。

だから毎日、毎日大切に生きるしかないのです。

いつお迎えが来てもいいように、毎日、毎日、大切に生きて行けば、

幸いにも長生きした時に後悔しない人生がある分けです。

そうだから、僕は生きた証として、

毎日クラシックのCDを一枚以上生きながら

そのレビューを書き続けています。

逝くときは前向きで、なんてね。

まとめ

先日、あるクラシックのCDを聴きました。

レナード・バースタインが、ベルリンの壁崩壊記念コンサートで指揮した、

ベートーヴェンの交響曲第9番“合唱”でした。

当時71歳の指揮者バーンスタインは、翌年に亡くなるのですが、

まるで生き急いでいるように、最後まで世界中を飛ぼ回っていました。

亡くなる数か月間には、札幌にも来て、

若者たちのオーケストラを指揮しています。

のんびりなんてしておれませんね。

毎日、大切に生きること、すこしでも後悔しないように

生きて行きたいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。