絶望老人と人生のフルコース

おはようございます、ともやんです。
還暦まで98日。

宝島社から衝撃的なタイトルの本が出ました。
その名も「絶望老人」
絶望老人

僕は書評しか読んでいませんが、
「普通の老後を迎えた普通の老人に、今何が起きているのか?」を知るためには最良の一冊ではないか、とのことです。

この本では、それぞれの人生を送って年老いた老人たちをテーマにしているようです。

僕は、若い頃から人生をレストランのフルコースに例えています。

前菜、スープ、メイン魚、メイン肉、デザート、コーヒーこれに
箸休め的なものも出るのですが、最後のコーヒーまで行って
人生の云々がわかるのではないか?と思っています。

だから僕は最近の晩婚化、非婚化はメインに入るのをためらっている、
または拒んでいると考えるです。

つまり食べてみないとわからない。

幸いにも僕は結婚できて、3人の子供たちに恵まれましたが、
せっかく生まれてきたのに、フルコースを楽しみましょうよ、
というのが僕の考えです。

でも人生のフルコースを味わったあとに何があるのか?
がもしかしたらこの本にあるんでしょうか?

読んでみようと思います。

絶望老人



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。