おじさんが恋い焦がれるイルミネーションの並木路

東京ミッドタウンの並木路

こんばんは、ともやんです。

今日と明日は、お仕事です。

なんか疲れました。

仕事もよい結果が出れば疲れも吹っ飛びますが、

結果が悪いとよりどっと疲れます。

そんな時は気分転換。

東京ミッドタウンのイルミネーションの並木路をぶらっと歩きました。




若いときに恋はしておきたかった

もちろん一人で。

誰も60才のおじさんと歩いてくれません。

おじさんが若い頃は、こんなイルミネーションなんてなかった。

若い頃なら、一緒に歩いてくれる女性はいたでしょう。

でも、デートにうってつけの環境が出来たと思ったら、もう若者は、おじさんになっていました。

若いときは、恋をしないともったいないね。

この年で恋をしたいと思っても相手もいない。

しかも、ショーウインドウに映る自分を見ていると、恋をしようという気も失せてしまうし。

でも相手がいなくてもできることがあります。

それは妄想です。

妄想こそおじさんの特権

妄想の中では、僕は若く髪もふさふさで、腹筋も割れています。

腕を組んでいるのは、ガッキー。

んなことを考えながら、歩いていると、いつの間にか、ニヤついてきて、疲れも忘れてきました。

僕の疲れた時の気分転換法です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。