自分さがし 続けた人の末路

おはようございます、ともやんです。

久し振りの投稿です。

3月は、勤め先の業務が多忙になり、時間が取れなかったのが理由です。

今日から再開します。

さて、僕の嫌いな言葉に「自分さがし」というものがあります。

言葉そのものより、それを口にする人が嫌いです。

大学生から20代前半までならまだ、許せます。

しかし、30才を過ぎて「自分さがし」を口する人は信用できませんし、付き合いたいとも思いません。

幸い、僕の回りには、そんな人はいません。




自分さがし 転職を繰り返す人

先日、ある著名な学者のコラムを読んでいて、実際そんな人がいることを書かれていました。

なんでも大学卒業後に、一部上場企業に就職したが、二年もたたずに退職し、転職を繰り返し、現在50才。何とかアルバイトで食いつないでいる人です。

その人の転職を繰り返す理由が、自分のやりたい仕事を見つけるため、出会うためだそうです。

自分のやりたい仕事だと思って就職しても、現実が違うと辞めてしまうようです。

一種のバカですね。



自分さがし 高学歴ニート

これは以前テレビ放送で、高学歴ニートを扱っていましたが、同じです。

それにたいして林修氏が、出会った仕事の中にやりたい仕事があると回答していました。

さすがです。その通りです。

さて、こんなことをいう僕も一時期、女性にたいしてそうでした。

付き合いもしないで、入り口でうろうろしていました。

定年後に起業したい、自営になりたいという人はそれなりにいると思います。

僕は、勇気をもって飛び込んでみます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。