ラブストーリーは突然に

こんばんは、ともやんです。

ある日、あの時、僕は彼女とばったり逢いました。
それは二子玉川駅に隣接する本屋。

僕が取ろうとする本を別の人も、それも女性が同時に取ろうとして
軽く手と手が触れました。

僕は、軽く「失礼」と言って、
その人の顔を見て、びっくり。

なんと、週に1、2度、パートで来ているR子さんではないですか。
彼女も、あっ、と驚いた表情。

まさにTVドラマの1シーン。

彼女は、檀れい似の美人で26才。
いつもはピアノの先生をしていて、週に1、2回僕が勤める会社に
パートに来ています。

一方の僕は、定年間近のくたびれたサラリーマン。
彼女とは親子ほどの年の差。

ああ、あと20年若かったら、、、

その本屋では、1、2分ほど話したかな、
僕は仕事の途中だったし、彼女はコンサートに行く途中。

ラブストーリーは突然、終わりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。