時には原点に戻ってみよう

おはようございます、ともやんです。

先日、おもしろいTV番組を観ました。
TVをあまり観ない僕は、TV局も番組名も憶えていませんが、現役や以前教育者だった大人たちと現役の中高生、MCが坂上忍で、ゲストとして青学駅伝監督の原晋氏も出演していました。

焦点としては、いじめに関して、
特にSNS、LINE、メールを使ったいじめについて
議論を展開して行きました。

僕が、ええええええ!と驚いたのが、
傍目から見ていて、明らかにいじめじゃないか、と思われる案件を
学校や教育委員会側がなかなかいじめと認定しないというケースです。

このケースがとても多いように思うのですが、
その理由としてその番組では、校長などが、退任後の自分の行き先、
つまり天下り先がなくなるのを嫌がるからだそうです。

本当ですか?
そんなことで?

そばで一緒に観ていた妻が、
そんなの当たり前じゃないの、知らなかったの?
何、60才になろうという人が青いこと言ってんの、
と逆に呆れられました。

妻の言葉を聴いて、校長と言えば、僕と同年代の人も多いだろうから
自分の身に置き換えた場合、残念ながらかなり葛藤があることは確かだよね。

そう考えると自分での情けなるよ、、、

最後の方で、ある女子高生が言った言葉は、腐った大人たちに衝撃を与えました。

「もう一度、学校は誰のためにあるか、考えてみませんか?」

僅かな時間ですが、会場の大人たちを黙らせる言葉でした。

答えは分かっているんだけど。

胸を張って言える大人はどれだけいるんだろか、、、

時には原点に戻って物事の原則を考えることは大切だ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。