ちーがーうーだーろー? ユーキャン流行語大賞のノミネートを見て

ユーキャン流行語大賞のノミネート

こんばんは、ともやんです。
毎年年末になるとユーキャン流行語大賞が話題になります。

例年でしたら僕はそんなに興味はないのですが、
たまたま見ていたTVで流行語大賞を話題にしていて、

豊田真由美元衆議院議員が秘書に放った暴言から、

“ちーがーうーだーろー”という言葉がノミネートされていて、

一番インパクトのあった、“この、ハゲー”が入っていなかったのです。

まさに“ちーがーうーだーろー”(違うだろ)で、

もしかしてユーキャンは忖度して、

ハゲという言葉は避けたのかもしれませんね。



薄毛1300万人を敵に回した言葉

女性の絶叫で“この、ハゲー”という言葉が、TVから飛びだした時は、
心臓を鷲づかみにされたほどのショックを受けました。

そう、僕は薄毛、ザクッと言えばハゲだからです。

多分、僕と同じ感情を持った男性は、日本中に1,000万人以上いたことでしょう。

あまりにもストレート、あまりにもデリカシーがない言葉です。

逆に僕は、豊田氏大丈夫か?とも思いました。

相当追い詰められたのか、なんても思いました。

結局、10月に行われた衆議院選挙で豊田氏は、落選しましたが、
薄毛を敵に回したのが、敗因でしょうね。

言葉は放つ人の人間性が分かる

同じ言葉でも、言う人が違うと受け容れることもあるし、
反発することもあります。

つまり言葉、話す人そのものなんですね。

だから、暴言を吐いてしまった後から、それを取り繕う言葉を言っても

人間が同じだから受け入れられないのです。

言葉よりも人間的な成長しないとダメなんですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。