定年後は自由!独りぼっちは怖いから人間関係と収入を考える

おはようございます、ともやんです。
定年まであと14日。

台風18号の影響で、昨晩からの風雨が続いています。
今日は夕方に掛けて風雨も強くなるようです。

三連休直撃と個人的な仕事関係でも忌まわしい台風ですが、
自然相手では勝てないので諦めるしかないですね。

僕は、人は人間関係を通して成長していくと思っています。
親兄弟、友人や恋人との出会いと別れ、数々の失敗も
結果的に自分の成長の糧になって行くと思っています。

でも、こんなことがちゃんとわかってきたのは、ある程度大人になってからです。

若い頃が一人で頑張るだと息巻いていた頃もありました。

でも、自分の力の限界を感じ、能力のなさも知って、いろんな人との共存こそ大切なんだな、と思うようになってきました。

そんな僕ですから、定年になったからと言って、仕事をしないという選択肢はありませんでした。

僕が今考えていることをこれから書いてみます。
多少でも参考になれば幸いです。



再雇用契約しました

昨年の今頃までは、定年で退職して新しいことをやると
考えていました。そのための準備もしてきました。

でも、世の中甘くありません。その準備がなかなかうまく行かず、昨年末にはいまの会社で継続して働くことにハンドルを切ることにしました。

もちろん、その後も葛藤は続いています。
でも会社員としての定年は、一回しか経験しない事なので、この際、大いに悩んでやろうとその悩みをたのしんでやろうというのが今の心境です。

だた、僕の中でひとつだけ明確なことがあります。

それは今の会社だろうが、今後転職しようが、自営になろうが、
死ぬまで働くということです。

カッコよく言えば、「生涯現役」

これだけは変わらない考えです。

そのためにとりあえずということで、いま勤めている会社に
再雇用の希望を出しました。

現在の法令では、会社は、社員が希望すれば65才まで働く環境を提供しないといけないのでとりあえず働ける場所は確保できたわけです。

そして数日前、ようやく会社から再雇用条件が提示されました。

大企業では、再雇用の条件は厳しいらしく、給料は定年前の半分以下、
出勤日も週3日程度、などという厳しい条件提示されることもあるようです。

一方、中小企業は中小で、仕事内容は変わらないのに給料だけ下がる、
という現象がおきます。

僕の場合は、後者になりますが、自分の仕事内容や量はある程度やりくり出来るので、僕のマイルールを決めて、定年後は、
・休日の完全消化(有休は除く)
・定時出社、提示退社
・他の社員、部署でも出来る業務の割り振り
ということにしました。

ところで給料の額は、大企業ほどの減額率ではなく、かといって手当の支給は全くなくなったので、一気に30才前後の給料まで下がった感じです。



これからの収入源とやりがい

僕の当面の目標は、再雇用の給料をベースに
副収入で現役時代にもらっていた給料まで戻すことです。

そしてそこから、ベースになる職業を求めて転職。
これを出来れば半年以内と考えています。

では副収入は何で得るのか?

これを考えています。

まだやってなかった?副収入が毎月10万円稼げるしくみ [ 小林雄樹 ]

厳密に言えばこれだけではないのですが、記事を書くのにいろいろ調べたりするので頭を使うし、知識も増えます。

それで報酬も上がれば一石二鳥と思います。

ただ、掛けた時間とリンクするわけではないのでそこが難しいところですね。

それから、次の転職先も決めています。
いま妻も働いている会社です。

もちろん採用してもらえるかどうかわかりませんが、
そこは大手量販店で、定年退職した方も積極的に採用しているそうです。ということで楽観的に考えています。

いまの会社も働いてもあと5年。

65才になってからの転職よりも今からの方がまだ優位ではないかと思うわけです。

定年後の生き方のまとめ

考えているだけで何もしなければそれまでですが、
60才を超えたら、

・次にしよう、
・その内考える、
・今度やる

など行動を先延ばしても何もいいことはありません。

やりたいと思ったことはすぐやらないと、やらないで死んでいくだけです。

でも、定年後のメリットは、現役時代より自由になっていることです。
しかも再雇用後の退職は現役時代よりずっとハードルが低くなります。

そしてなんと言っても年金が当てにできません。
僕は、63才から基礎年金分が支給され(もちろん申請しないといけない)65才から満額です。

でも、昨年の見込額から今年の見込額が年間2千円程度と言えども下がっていることから年金以外の収入源を確保しておくことが必要になります。

そこで、
・ベースになる仕事
・そして副業(いくつあってもいい)
・そして年金
の3本立てが必要にあります。

ベースになる仕事の収入で、生活に最低限必要な家賃、光熱費、最低限の食費など確保できればいいかなと考えています。
そして副収入で、生活を豊かにする金額を稼いで、
年金は、働けなくなった時のために貯金する。

などと僕は考えています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。