残された日々 瀬戸内寂聴

「寂聴 残された日々」
瀬戸内寂聴氏。95才。
現在、朝日新聞に連載されています。

実は僕は読んでいないのですが、
今朝のMBSラジオで子守康範氏が紹介していました。

なんでも、95才になって、原稿のスピードがさすがに落ちてきた。
3~4枚書くにも相当な時間が掛かり、7~8枚だと徹夜になってしまう。徹夜は大丈夫なんですがね。

えっ!?徹夜は大丈夫だって?
なんとすごい!

僕だったら徹夜をしたら1週間ほど使い物にならなくなる。

しかも、90代の体力の衰えは、80代の比ではない、
ともおっしゃっているそうです。

死ねないのも大変と66才年下の秘書にこぼすと、
「先生、死ぬもんですが、そんなに食べて、飲んで、寝ていらっしゃるのに」

なんか可愛らしいですね。
孫、いや曽孫くらいの年代の若者からたしなめられながら、
残された日々を謳歌しているその姿には憧れます。

60才で年寄り臭いこと言うと寂聴さんに一喝されますね。

よし、死ぬまで生きるぞ!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。