定年後 ニート化するシニア男性 外出する機会が増える女性

60歳なり、65歳でリタイアした場合、計算上は、

現役時代の労働時間に匹敵する自由時間があることになります。

それはあくまで、平均的寿命を全うした場合ですが、

あくまで計算上の話です。

実際は、健康に自分でなんでも出来るのは、

個人的には、75歳が、ひとつの節目かと思います。




定年後 ニート化するシニア男性 時間を自由に使えるから?

「時間を自由に使える」「余暇時間がたっぷり」は、

40年間もサラリーマン生活を続けて、

自分の時間なんてほとんど持つことが出来なかった

現役時代からみると夢のような生活です。

しかし、実際に定年退職して、

明日から満員電車の乗らなくていい生活に直面すると

しばらくは開放感に浸れるようですが、

2、3ヵ月もすると何もやることがないことが苦痛になり、

朝食を取ってから二度寝したり、テレビばかり見るようになり、

半年もするとテレビの前から動けなくなうそうです。

大体、余暇なんて余った暇な時間のことですから、

限られた時間だからこそ有難いものですね。



定年後 男性は時間をもて余す傾向

定年退職後、時間を持て余すのは、男性の方が顕著です。

60歳以上の男性は、時間の過ごし方で、

「ラジオやテレビを視聴」

「新聞・雑誌を読む」

「家族と団らん」

といった回答をあげた人が多いのです。

これらは全て自宅で出来ることです。

一方、「知人・友人と過ごす」「ショッピングに行く」などの

外出を伴う行動をあげた人は二割弱に過ぎません。

結論としては、仕事がなくなった男性は、家にいる時間が長くなるのです。

かたや、女性の方は、同じく

「ラジオやテレビを視聴」などは多いですが、

男性と明らかに違うのは、

「知人・友人と過ごす」

「ショッピングに行く」

が、男性より2倍以上も、外出する機会も多くなっています。

これが、シニア世代の男女の時間の過ごし方の大きな違いです。



定年後 男性がニート化する理由

女性の場合は、友人や近隣住民、趣味の仲間など、

仕事とは関係ないコミュニティーに属し、人と交流するケースが多い傾向です。

僕の妻も子供たちの中学、高校時代のお母さんたちとの

付き合いが今も続いていて、

男性の僕は、感心してしまいます。

一方、男性の場合は、自分が属するコミュニティーは、

仕事に関係するものが大半で、退職してそこから抜けると

居場所がなくなってしまうのです。

結局、現役時代のワーク・ライフ・バランスが、

仕事に、いや会社に偏りすぎた結果なのです。

最後に

子供が幼い頃、僕がいつも会社に行っていたので、

子供たちは、会社がすごく楽しいことだと思い込み、

僕も会社に行きたい!とせがんできたことまでありました。

僕は、まだ子供たちの運動会や学芸会などのイベント毎には、

極力出るようにしていましたが、僕の会社の先輩などは、

二人の娘さんがいるのですが、一回も行ったことがないと言っていました。

僕の様に、既に定年を迎えた人間はもう遅いですが、

現在、40代、50代の人たちは取り戻せるものは取り戻してほしいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。