クラシックの歴史的名盤は荒ぶる魂を

こんばんは、
ともやんです。
還暦まで139日。

荒野をめざすというのは、新しいことに挑戦するとか、

自分の仕事や趣味に命を掛けるとか、そんなことの比喩的表現で、
実際に荒野を歩いたり、走ったりするということではありません。

僕はクラシック音楽が好きなのですが、その理由の一つとして、
過去の20世紀の巨匠時代、具体的には第2次世界大戦中から70年に掛けて、それこそ命を掛けた演奏が、記録として録音されているからです。
そこからその時代を知ることにもなりますしね。

アリアCDという通販ショップがありますが、
ここがオリジナルレーベルを出しているのです。

内容は、店主が選んだ歴史的な名演を復刻して出しているのです。

そしてコメントも添えていて、これも入魂の文章なんですね。

その中でも、僕が非常に同感したのは、このCDです。

多分、ベートーヴェンの運命の録音では、
歴史的にも5本の指に入る名演だと思います。

指揮者のオットー・クレンペラー自身が満身創痍にも関わらず、
命を懸けて名演の数々をフィルハーモニア管と残しています。

クラシック音楽にもっと親しんでもらおうと最近は、ハードルも低くなっていますが、それはそれでもちろん良いことでどんどんやって頂きたいのですが、
オットー・クレンペラーの演奏は、生易しいものではありません。
仁王立ちのクレンペラーとその後ろには、仁王立ちのベートーヴェンがいるのです。

時にはこのような命を懸けた演奏を聴いて、
自分の中に眠っている荒ぶる魂を呼ぼ起こしてみてはいかがですか?



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。