フォーエバーヤング ボブ・ディランがノーベル賞 予感?なかった。

こんばんは、
ともやんです。
還暦まで319日。

昨日は驚きました。
ボブ・ディランが、ノーベル文学賞を受賞したからです。

一瞬わが耳を疑いましたんね。

40年近くボブ・ディランを聴いてきたけど、まさかのまさかでした。



ボブ・ディランのコンサートに行ってきた

今年の4月25日、渋谷のオーチャードホールにボブ・ディランのコンサートに行ってきました。

平日の夕方で、出勤しても間に合わないことはなかったのですが、

もしも遅れたりしたら嫌だったので、休みを取って行きました。

※オーチャードホールのエントランス

僕は、40年来のボブ・ディランのファンで、ディランも75才、もしかしてもしかすると思ったので、チケット代もそこそこ高かったですが、思い切って行ってきました。

コンサートは、時間通りに始まり、時間通りに終わるという当たり前のことでしたが、まずその真摯なステージマナーにディランの姿勢が伺えました。

というのも同時期に来日していたマドンナが、スタートを大幅に遅らせて来場客から相当なブーイングを浴びたからです。

コンサートは、出演者と観客の両方がいて成り立つもので、マドンナに至っては問題外の行為で、確か当日コンサートに来ていた著名人の中にはもうファンはやめる、と激怒していた人がいましたが、当然です。




往年のファンに懐かしい曲を聴かせに来たのではない

ディランのコンサートで感心したのは、その若々しいステージ姿でした。

割と小柄なんでしょうか?見て目は身長170センチ前後でほっそりとしていて、達者にハーモニカを吹いていました。

僕の席は2階席か3階席かで、肉眼では表情までは分かりませんでしたが、とても75才の動きではありませんでした。

ギターは弾きませんでしたが、ピアノを弾いて、ハーモニカを吹いて、

年齢を感じさせんでした。

観客は、昔からのファンと思われるオジサンたちが中心でしたが、その子供世代の学生くらいの年代もちらほら見受けられました。

でも、さすがディラン!

往年のファンに懐かしい曲聴かせに出稼ぎに来たのではない!

という気概がありました。

往年の曲でも原曲が分からないくらい編曲していて、

オレはまだ進化しているぜ!っていう明確な主張がありました。

この芸術家魂は見事と言うしかないですね。

まとめ

そんなボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞しました。

選んだノーベル賞審査委員の方達の勇気を讃えたいと思います。

風に吹かれながら、転がる石のように変化をし続ける、

そして永遠に若いディランはやはり凄い!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。