定年後にも読みたい おすすめの長編小説 三作品

こんにちは、こめまるです。

定年関連の本で、定年後、老後の趣味として読書をあげているものは少ないように思います。

読書は生涯を通しての趣味になります。

特に定年後は、現役時代に比べ、時間がありますから、長編小説をしっかり読むには相応しい時期です。

そこで僕が、定年後にも読みたいおすすめの長編小説をご案内します。




定年後にも読みたい おすすめの長編小説”三国志”

吉川英治の「三国志」は何度読んだだろうか。

まさに大河小説。しかも何度読んでも面白い。

吉川英治「三国志」

最初の劉備と関羽、張飛が出会って、桃園の誓いを結ぶ辺りはややかったるい部分があるのですが、第2巻あたりからは、俄然面白くなります。

吉川英治の「三国志」では、諸葛孔明の死を持って終わります。
本当はもっと続くのですが、吉川自身、諸葛孔明の死で描く気力もなくなったというほど、思入れが強かったようです。

僕は北方謙三でも読みましたが、変に登場人物をカッコよく描きすぎで好きではありません。

やはり吉川英治の淡々とした筆が想像力を膨らませてくれます。

今後もなんど読んでいきたい小説です。

僕は本で読むのが好きですが、電子書籍として読むなら割安です。

定年後にも読みたい おすすめの長編小説”竜馬がゆく”

僕がいままで読んできた小説で一番好きな小説です。

無人島に一作だけ持っていけるとしたら、この司馬遼太郎「竜馬がゆく」です。

舞台が幕末です。

しかし坂本竜馬が、18歳で江戸に剣術修行に行くときから、33歳で暗殺されるまでの僅か15年の生涯を描く青春小説です。

僕は、この小説を20代、30代、40代、50代にそれぞれ一回ずつ読みました。

何回読んでも爽やかな感動を与えてくれます。

20代の時、初めて読んで感動のあまりオートバイを飛ばして京都の高台寺にある坂本竜馬と中岡慎太郎のお墓参りに行ったくらいです。

絶対心を豊かにしてくれる作品です。

司馬遼太郎「竜馬がゆく」

中古店にも結構出ていますが、バラバラが多いので、全集を買った方が結局は時間とお金的には得だと思います。



定年後にも読みたい おすすめの長編小説”青春の門”

五木寛之氏は、僕の生涯の師です。

高校生の時、初めて五木氏の小説「青年は荒野をめざす」を読んで、その作品はほとんど読んでいるつもりです。

また20年ほど前、友人が古書店で当時の五木寛之全集を見つけたのでお前も欲しいだろうから買って送る、と言って送りつけてきたことがあります。

もちろん代金は僕が払いましたが、その時は強引な奴だなと思いましたが、いまでは感謝しています。

一通り読んで、再読することを楽しみにしています。

高校生の頃は、授業中にずっと読んでいて、それが高じて、進学校でもないのに五木氏と同じ早稲田大学に進学しました。

僕の人生の岐路だったと思います。

それが良かったかどうかわかりません。

でも10代の僕に行動を起こさせた人であることは確かです。

やはりおすすめは青春の門。

僕の知る限り未完だと思います。

五木寛之「青春の門」
※第1巻~7巻

この小説は、1969年に週刊現代に連載され、1994年まで断続筑豊篇、自立篇、放浪篇、堕落篇、望郷篇、再起篇、挑戦篇、風雲篇(前半)と書き継がれてきました。

そして2017年から新 青春の門として再開されました。五木氏の年齢(1932年生まれ、現在86歳)を考えるとどこまで続きかわかりません。

電子書籍で読むのも良いと思います。

最後に

本は、いいです。

人には想像力があります。本を読んでその想像の世界を旅することが素敵なことです。

僕の個人的な趣味で長編小説3作をご案内しました。

どれも名作なので読まれた方も多いと思いますが、定年後の人生の残りを感じながら読むのもまた別の感動や思いが湧き上がってくるかもしれません。

未読の方は、絶対おすすめです。




定年後にも読みたい おすすめの長編小説 三作品

司馬遼太郎「胡蝶の夢」文庫本 全4巻 新潮文庫【中古】
司馬遼太郎「胡蝶の夢」文庫本 全4巻 新潮文庫【中古】 1,188円(税込)【送料別】

せいわ楽天市場店

【商品状態】 経年による黄ばみ、小口の傷みがわずかにありますが、全体的に大きなダメージはありません。司馬遼太郎歴史小説!松本良順!!

司馬遼太郎短篇全集 第十一巻 [ 司馬 遼太郎 ]
司馬遼太郎短篇全集 第十一巻 [ 司馬 遼太郎 ] 1,851円(税込)【送料込】

楽天ブックス

司馬 遼太郎 文藝春秋シバリョウタロウタンペンゼンシュウ シバ リョウタロウ 発行年月:2006年02月13日 予約締切日:2006年02月12日 ページ数:560p サイズ:全集・双書 ISBN:9784166415601 司馬遼太郎(シバリョウタロウ) 大正12(1923)年、大阪市生れ。大阪外国語学校(現・大阪外国語大)蒙古科卒業。昭和35年、「梟の城」で直木賞受賞。41年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞。47年、吉川英治文学賞受賞。51年、日本芸術院恩賜賞受賞。56年、日本芸術院会員。57年、「ひとびとの跫音」で読売文学賞受賞。59年、新潮日本文学大賞学芸部門賞受賞。62年、「ロシアについて」で読売文学賞受賞。63年、「韃靼疾風録」で大佛次郎賞受賞。平成3年、文化功労者。5年、文化勲章受章。8(1996)年2月12日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 大和大納言ー豊臣家の人々 第五話/駿河御前ー豊臣家の人々 第六話/結城秀康ー豊臣家の人々 第七話/八条宮ー豊臣家の人々 第八話/淀殿・その子ー豊臣家の人々 第九話/小室某覚書/故郷忘じがたく候/斬殺/胡桃に酒 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・さ行

他力【電子書籍】[ 五木寛之 ]
他力【電子書籍】[ 五木寛之 ] 488円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>今日までこの自分を支え、生かしてくれたものは何か。明日をも知れない時代に、信じうるものははたしてあるのか。次から次へと際限なく襲ってくる日常のトラブル、身体の不調、老化のきざし、自己嫌悪とやり場のない怒り、脱力感と諦めーー。それでも私たちは、生きている。生かされている。〈他力〉の風に吹かれて……。「人生に希望というものは本当にあるのだろうか」。法然、親鸞の思想から著者がたどりついた、乱世を生きる「一〇〇のヒント」!</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。

☆国盗り物語1〜4巻完結セット 司馬遼太郎 【中古】
☆国盗り物語1〜4巻完結セット 司馬遼太郎 【中古】 2,500円(税込)【送料込】

メルブック楽天市場店

旧版です。内容は同じです。☆大きな痛みは無く概ね良好な状態です。☆特に状態の良くない巻はセットに組入れていません。☆レンタル落ちではありません。表紙カバー除菌クリーニング仕上げ後、クリアパックに包装し、迅速に配送させていただきます。 また個人情報は厳重に管理し、速やかに廃棄します。 ※商品チェックには十分注意を払っておりますが、商品の状態が表示の説明と異なる場合は、ご返金にてご対応させていただきたいと思いますのでご連絡をお願いいたします。 誠意をもって対応させていただきます。 

「昭和」という国家【電子書籍】[ 司馬遼太郎 ]
「昭和」という国家【電子書籍】[ 司馬遼太郎 ] 1,512円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>司馬遼太郎の[最後の本]ー日本の明日をつくるために</p> <p>「日本という国の森に、大正末年、昭和元年ぐらいから敗戦まで、魔法使いが杖をポンとたたいたのではないでしょうか。その森全体を魔法の森にしてしまった。発想された政策、戦略、あるいは国内の締めつけ、これらは全部変な、いびつなものでした。魔法の森からノモンハンが現れ、中国侵略も現れ、太平洋戦争も現れた。」<br /> なぜ「昭和」は、滅亡に向ってころがっていったのか」。「昭和への道」「戦後日本という下司国家」のことなどが、いささかの諦念と鬱懐を抱きながら語られる。この国の行く末を案じた巨匠のもう一つの遺言である。</p> <p>電子版には巻頭カラーは収載されていません。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。

【中古】 豊臣家の人々 改版 中公文庫/司馬遼太郎【著】 【中古】afb
【中古】 豊臣家の人々 改版 中公文庫/司馬遼太郎【著】 【中古】afb 108円(税込)【送料別】

ブックオフオンライン楽天市場店

司馬遼太郎【著】販売会社/発売会社:中央公論社/ 発売年月日:1993/06/10JAN:9784122020054

日本文明のかたち 司馬遼太郎対話選集5 (文春文庫) [ 司馬 遼太郎 ]
日本文明のかたち 司馬遼太郎対話選集5 (文春文庫) [ 司馬 遼太郎 ] 637円(税込)【送料込】

楽天ブックス

文春文庫 司馬 遼太郎 文藝春秋ニホンブンメイノカタチ シバリョウタロウタイワセンシュウ ゴ シバ リョウタロウ 発行年月:2006年07月07日 予約締切日:2006年07月06日 ページ数:320p サイズ:文庫 ISBN:9784167663254 司馬遼太郎(シバリョウタロウ) 大正12(1923)年、大阪市に生れる。大阪外国語学校蒙古語科卒業。昭和35年、「梟の城」で第42回直木賞受賞。41年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞。47年、「世に棲む日日」を中心にした作家活動で吉川英治文学賞受賞。51年、日本芸術院恩賜賞受賞。56年、日本芸術院会員。57年、「ひとびとの跫音」で読売文学賞受賞。58年、「歴史小説の革新」についての功績で朝日賞受賞。59年、「街道をゆく“南蛮のみちI”」で日本文学大賞受賞。62年、「ロシアについて」で読売文学賞受賞。63年、「韃靼疾風録」で大佛次郎賞受賞。平成3年、文化功労者。平成5年、文化勲章受章。平成8(1996)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 日本人と日本文化(ドナルド・キーン)(日本人の戦争観/日本人のモラル ほか)/世界のなかの日本(ドナルド・キーン)(明治の憂鬱を生んだもの/日本人と「絶対」の観念)/アメリカからきた日本美の守り手と(アレックス・カー)/日本人とリアリズム(山本七平)(リアリズムなき日本人/田中角栄と日本人) 司馬が「懐かしい人。このような不思議な思いを持たせる人は、ほかに思いあたらない」と書いたドナルド・キーンとの、四半世紀に及ぶ長い交遊のきっかけとなった対談「日本人と日本文化」を収録。日本人のモラルの基盤はなにか、その独特の戦争観はいつ生まれたか、などを熱く語る。ほかにアレックス・カー、山本七平が登場。 本 小説・エッセイ エッセイ エッセイ 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 文庫 人文・思想・社会

新選組血風録改版 (中公文庫) [ 司馬遼太郎 ]
新選組血風録改版 (中公文庫) [ 司馬遼太郎 ] 1,007円(税込)【送料込】

楽天ブックス

中公文庫 司馬遼太郎 中央公論新社シンセングミケップウロク シバ,リョウタロウ 発行年月:1996年04月 予約締切日:1996年04月11日 ページ数:635p サイズ:文庫 ISBN:9784122025769 悲恋に涙する沖田総司、隊士の心を妖しくときめかす前髪の美剣士、薩摩の間者富山弥兵衛、真贋の判じがたい虎徹に執する近藤勇…幕末の大動乱期、剣に生き剣に死んでいった新選組隊士一人一人の哀歓、生死のかたちを冴え冴えと浮彫りにする。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・さ行 文庫 人文・思想・社会

新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫) [ 司馬 遼太郎 ]
新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫) [ 司馬 遼太郎 ] 842円(税込)【送料込】

楽天ブックス

講談社文庫 司馬 遼太郎 講談社シンソウバンハコネノサカ チュウ シバ リョウタロウ 発行年月:2004年06月15日 予約締切日:2004年06月08日 ページ数:432p サイズ:文庫 ISBN:9784062748025 司馬遼太郎(シバリョウタロウ) 1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語科卒。産経新聞社勤務中から歴史小説の執筆を始め、’56年「ペルシャの幻術師」で講談倶楽部賞を受賞する。その後、直木賞、菊池寛賞、吉川英治文学賞、読売文学賞、大仏次郎賞などに輝く。’93年文化勲章を受章したが、’96年72歳で他界した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 守護・今川義忠の死による混乱を鎮めるため、早雲は駿河に下り、嫡子・竜王丸を後見することとなる。室町幕府の力はなきに等しく、国人・他侍たちが力を持ち始めていた。この時代の大きな変化を鋭く先取りした早雲は、天性の知略で彼らの信望を得、政敵を退けていき、有名な北条の治世の土台を築いていく。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・さ行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

民族と国家を超えるもの 司馬遼太郎対話選集10 (文春文庫) [ 司馬 遼太郎 ]
民族と国家を超えるもの 司馬遼太郎対話選集10 (文春文庫) [ 司馬 遼太郎 ] 604円(税込)【送料込】

楽天ブックス

文春文庫 司馬 遼太郎 文藝春秋ミンゾクトコッカヲコエルモノ シバリョウタロウタイワセンシュウ ジュウ シバ リョウタロウ 発行年月:2006年12月06日 予約締切日:2006年12月05日 ページ数:272p サイズ:文庫 ISBN:9784167663308 司馬遼太郎(シバリョウタロウ) 大正12(1923)年、大阪市に生れる。大阪外国語学校蒙古語科卒業。昭和35年、「梟の城」で第42回直木賞受賞。41年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞。47年、「世に棲む日日」を中心にした作家活動で吉川英治文学賞受賞。51年、日本芸術院恩賜賞受賞。56年、日本芸術院会員。57年、「ひとびとの跫音」で読売文学賞受賞。58年、「歴史小説の革新」についての功績で朝日賞受賞。59年、「街道をゆく“南蛮のみち1”」で日本文学大賞受賞。62年、「ロシアについて」で読売文学賞受賞。63年、「韃靼疾風録」で大佛次郎賞受賞。平成3年、文化功労者。平成5年、文化勲章受章。平成8(1996)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 稲作文化と言葉(松原正毅)/稲作文明を探る(岡本太郎)/民族と国家、そして文明(梅棹忠夫)/ロシア望見(中村喜和)/日本人の源流を訪ねて(佐原真)/二十世紀末の闇と光(井筒俊彦)/異国と鎖国(ロナルド・トビ) 「異民族に対して敬意と軽蔑の気持ちを抱くことは、人類共通の問題です」。どの民族にも便利な技術として受容される“文明”に対し、個別に異なり、不合理かつ強烈に排他主義になる“文化”の複雑さと危険性を見つめる最終巻。岡本太郎と稲作文明を、梅棹忠夫とソ連崩壊後の世界を、佐原真と日本人のルーツを等、計7人と対話。 本 小説・エッセイ エッセイ エッセイ 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 文庫 人文・思想・社会

楽天ウェブサービスセンター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。