定年後の再雇用 心得 もっとも大切なこと

こんにちは、こめまるです。

僕は来月末で退職します。

正社員として35年6カ月、再雇用の契約社員として1年10カ月今の会社で過ごしたことになります。

辞めるにあたり特に感慨はありません。

ただこれから定年を迎え、再雇用を考えている方に多少なりのアドバイスは出来るかもしれません。




定年後の再雇用 働き方 3つのパターン

定年後の再雇用で働く人たちのパターンは、大きく3つあると思います。

まず、バリバリタイプ。全体の1割から2割くらいでしょうか?

現役同様、いやそれ以上に張り切る人がいます。はっきり言って迷惑ですね。

再雇用になれば役職も責任も無くなります。下手に年下の上司に意見する人もいるらしいので、大人しく現役社員の邪魔をしないでほしいですね。

次は、逆にひっそりタイプ。言われたことの最低限しかやらない人。

バリバリタイプよりはましかもしれませんが、場の空気を暗くしないでほしいですね。

最後が、もっとも多いタイプだと思います。

僕ものその一人ですが、迷いながらも現役時代の7掛け程度で働いている人たちではないでしょうか?

現役時代ほど、バリバリ働くもおかしいし、出しゃばりになるし、かといって後輩たちが困っていたら助かたい。

結局僕の結論は、学校の用務員の叔父さんでした。

学校の用務員の叔父さんは、何でもできるし、知っているし、でも出しゃばらない。
生徒たちの邪魔にならずに、困っている生徒は助ける、これこそが定年退職後、再雇用で働く人のスタンスではないか、と思いました。



定年後の再雇用 一番の働き方 邪魔をしないこと

定年退職後に再雇用で働く人は、役職も無くなり一兵卒になります。
権限は無くなり、代わりに責任もなくなります。

気楽でいいですが、かといって職場の空気を乱すようなマイペースも困ります。

僕が一番気を付けたのは、周囲の邪魔をしないことでした。

実は、自分で気づかないうちに人の仕事の邪魔をしていることがあります。

最近では、少なくなりましたが以前はよく使われていた内線電話でしたね。
メールが多くなった現代では内線電話は少なくなりましたが、

つまるところ、再雇用の人でもなくても、人の仕事の邪魔をしないことが一番ですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。